ライバーさんが乗り越えた悩みエピソード6選!〜リスナーさんが来なくなってしまうことが不安で休めない〜
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ライバーさんが乗り越えた悩みエピソード6選!〜リスナーさんが来なくなってしまうことが不安で休めない〜

Pococha(ポコチャ)公式

「リスナーさんがもう来てくれなくなるのではないかと不安で休めない」「他の配信枠と比べて、固定リスナーも初見リスナーも少なくて悩んだ」「締め時間に人が少なく、自分はもう飽きられてしまったのかと悩んだ」などの悩みを、ライバーさんはどうやって乗り越えてきたのでしょうか?👀

「ライバー奮闘記」では、Pocochaのライバーのみなさんが体験された悩みや、その悩みを乗り越えたエピソードを掲載しています!

最初は目次から、体験したことがある悩みを選んで読んでみてください📣


💡記事を読んだ方へのお願い〜感想をTwitter・アンケートで教えてください〜

①記事の感想を「#ライバー奮闘記」とTwitterでタグづけして教えてください📣運営からもRTします!

こちらの記事の感想や、参考になった悩みエピソードについて、アンケートにて教えてください🙇‍♂️今後のライバー奮闘記の改善に活用させていただきます。アンケートは記事最後にも添付しております。


リスナーさんがもう来てくれなくなるのではないかと不安で休めない

・エピソード

歌配信枠を始めて3ヶ月目に入った頃、イベント中に歌いすぎて声が枯れてしまったことがありました。配信しているとプライベートとのメリハリがつきにくくなり、曜日感覚が無くなることもしばしば。喉を休めたかったけど、「休んだらリスナーさんはもう来てくれないんじゃないか?」と不安に思い、言い出せずにいました。

すると、ファミリーのメンバーが「休むのも仕事のうちだから」「待ってるから」と言ってくれたんです。 泣けるくらい嬉しかったし、信じ合うことは大切なことだと感じました。

歌手を目指している歌枠なので、プロとして声を大切にすることはリスナーさんを大切にすることにつながると実感した出来事でした。 「会えない時間が愛を育てる」とはよく言いますが、休んだことで改めてリスナーさんの存在の大きさを感じました。そしてPocochaが自分の居場所となっていること、必要不可欠な人生の鍵となっていることも実感できました。

休んでリフレッシュすることで新しい配信のネタに繋がったり、お休み中にもファミリーに写真を送ったり。より一層、人と人との絆が生まれる空間にしていきたいと思いましたし、癒しの空間となるよう自分に余裕を持って配信をしていくことが大切だと思いました。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

何をしていても、何を考えていても、何時でも悩みはつきものです。悩むのは、より良い方向へ変えたいと考えているからですよね。 その思いを持っている時点できちんと成長していると、私は思っています。 ピンチはチャンス。ライバーという生き方で、お互い人生にイロドリを増やしましょう!


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

自分らしいスタイルで配信する



他の配信枠と比べて、固定リスナーも初見リスナーも少なくて悩んだ

・エピソード

D3に上がったタイミングでした。他のライバーさんの配信を見ていた時に、僕の枠は圧倒的に固定リスナーさんも、初見さんも少ないということに気づいたんです。

だから、「1人でも多くの初見さんに来てもらうこと」、そして「コメントしてくれるリスナーさんを増やすこと」を目標にしました。 しかし、モチベーション維持がとても大変でした。その中で僕が心がけたのは、「配信枠に人が少ない時間も1人で喋ることで気分を高める」「初見さんが来てくれた時にいつでも元気にお話をする」、そして一番大切にしていたのが「心と体にゆとりと余裕」を持つことです。

これらを続けることで少しずつ初見さんが増え、僕の考え方や方向性に共感してくれる人が増えてきました。 ずっと応援してくれたリスナーさん、1人ずつ増えてきたリスナーさん。僕が頑張っている姿を見て「一緒に頑張ろう」って言ってくださる方、「大丈夫だよ!」って励ましてくださる方。皆さんの協力のおかげで、苦しい中でも乗り越えることができたのだと思います。

先の見えにくいPocochaのランクアップシステムの中で、モチベーション維持が一番大切です。そして余裕を持って続けていけば、新しい取り組みができるようになります。僕はこの経験を後輩ライバーにしっかり教えていけるよう、これからも配信を頑張っていきたいと思っています。

これからもたくさん障害があると思いますが、苦しかった中でも応援してくれた人がいたことは、壁を乗り越える上で大きな力になると信じています。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

「ライバーは一人。」そう感じることがあるかもしれません。しかしライバーは一人ではありません。沢山のライバー仲間や、応援してくださるリスナーさんがいます。苦しい時は、自分が仲良くなれそうなライバーさんと親交を深めて一緒に乗り越えたり、今来てくださってるリスナーさん一人一人に目を向けてみてください。それが楽しく有意義に配信していくためのコツだと、僕は思います。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

ライバー同士のつながりを大切にする

僕も他のライバーさんとの関わりというものに一番重きを置いて配信をさせていただいています。 配信が行き詰まった時、ライバーと必要な新しい情報などは他のライバーさんと交流して行く中で見えてくることが多いと思うんです。 壁にぶつかった時に、アドバイスしてくれる仲良しのライバーさんがいたり、応援してくれるライバーさんは、リスナーさんと同じくらい大切な存在なんだと思います。

僕もライバー活動して行く中で、リスナーさんだけじゃなく、他のライバーさんが悩んでたり落ち込んでたりした時に元気や希望を与えられるようなライバーになれるように、毎日色んなことを考えながら取り組んでいきたいと思ってます。



配信を休んだらリスナーが離れていってしまうと不安だったので、配信を頑張りすぎてしまった

・エピソード

配信半年を過ぎたあたりから、不安で配信を休めなくなりました。休んでいる間にリスナーさんの心が別のライバーさんへ動き、私から離れていってしまう気がしたからです。

しかしファミリーは、心離れるどころか心配して寄り添ってくれました。それだけではなく、配信をつけたら直ぐに飛んできてくれたんです。私が休み中ファミリーに会いたかったのと同様に、ファミリーも私の配信を楽しみに、そして気長に待っていてくれました。本当に信頼関係が築けていたファミリーの心は、そう簡単には離れないものだと実感できました。

また実際休んでみると、実はリスナーさんにとっても時間ができたりします。「会いたかったー!」という気持ちが高まりますし、私自身もリフレッシュして配信に臨めたので、お休みも良い刺激になると感じました。 いつも心身ともに良い状態で配信するためには、お休みも大切です。信頼関係を築くために、決まっている予定については先にリスナーにお知らせするのもおすすめです。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

リスナーさんにとって、ライバーは大切な存在です。だからいつも元気に配信できるよう、きちんと休息を取ったりリフレッシュすることも大切だと思います。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

日々のコミュニケーションを積み重ねる

日頃からそばにいてくれるリスナーさんに休むことを先に伝えたり、それによってもっと配信が楽しくなることを伝えたりします。そうすると休み中の報告を聞きにまた配信に来てくれることも多いです!



締め時間に人が少なく、自分はもう飽きられてしまったのかと悩んだ

・エピソード

配信歴3ヶ月の時のことです。A3帯、もうプラス1でS帯に上がれるというタイミングなのに、締め時間も含めてリスナーさんが少ない状態が続きました。その時の絶望感といったら、「もう私は飽きられちゃったのかな?このままランクダウンかな?」と、どん底に落とされたくらいの気分でした。

結局、締め時間はなんとかプラマイキープという状況で、私のために義務感でアイテムを使わさてしまったと感じました。 そんな状況を変えるために、いくつか心がけたことがあります。
①配信時間をできるだけ固定する②次回予告をする③締め時間の重要さを特に熱心に伝えるさらに4つ目として「見かけたら1分でいいから顔を出して『元気にしてるよ~』と伝えてほしい」とお願いするようになりました。

「過疎はたまたまだよ。かたよがいつも通り楽しく配信してくれると、リスナーも楽しいんだよ」と声をかけてもらったり、「ひと目でも、かたよの顔を見に来てやってください」とファミリーに書き込んでくれたアシスタントの皆に本当に励まされ、救われました。

これまで、「リスナーさんに自分の想いを伝えると何かが変わる」ということは何度も体験してきました。 だけど人が来なかったら、伝えたい想いを伝えることすらできません。 辛い過疎状態を経験してから、配信に来てくれるリスナーさんの大切さを実感しました。

自分がリスナーさんに元気を与えているというのは驕りであって、私が元気に配信できるのはリスナーさんのおかげなんだなと、考えを改めました。 私はライバーを仕事として取り組んでいますが、リスナーさんにとっては仕事ではないので、毎日来ることは決して当たり前のことではありません。そんな中で、毎日来てくれる方はとても貴重な存在であることを理解した上で、配信でしっかりと感謝を伝えていくことが大切だと思いました。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

リスナーさんが少ない状態は、どんなライバーさんでも起こることだと思います。 1日になるか2日になるか、はたまた1週間1ヶ月になるか、先の見えない不安に絶望を感じることがあるかもしれません。人が少ないことに焦点を当てるのではなくて、そんな時こそ来てくれている一人ひとりに感謝を伝える時間にできたらいいなと思っています。 もちろん配信内容の工夫もしつつ、皆で楽しめる配信にしていきましょう♪


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

リスナーの気持ちを考える



いつの間にか「リスナーの気持ち優先」の配信をするようになり、自分が本当は何がしたいのかわからなくなってしまった

・エピソード

歌配信を始めて1年半くらい経った頃、リスナーさんがたくさん来てくれるようになりました。しかしリスナーさんが増えたことで、いつの間にか自分の気持ちよりも「リスナーさんの気持ち優先」の配信をしてしまい、自分は本当は何がしたいのかわからなくなっていきました。

なぜ「リスナーさんの気持ち優先」になってしまったのか考えてみると、私の場合「離れてほしくない」という気持ちが大きく、とにかくリスナーさん全員に気を使っていたことが原因でした。

うちは歌枠なのですが、雑談好きなリスナーさんが多かったので、思ったように歌が歌えませんでした。 でも、それで苦しくなるのならどちらにしてもこの先は長くないと気づいたので、自分の気持ちを1番に考えようと決めました。だから「今日はコメントあっても歌います!笑」とか「歌が好きだから歌いたい」と意思表示をしました。歌に興味のない方は去っていき、辛い時期もありましたが、有難いことに「歌枠なのだから歌おう!」 「初見さんにりんぷぅの歌を聞いてもらいたい!」と声を上げてくれるリスナーさんも出てきてくれました。

そのおかげで、「雑談好きなリスナーさんが居なくなったら…」と思う気持ちに区切りをつけ、「しっかり歌をアピールして、歌好きリスナーさんに新たに仲間になってもらおう!」という気持ちに変わることができました。 リスナーさんの気持ちも大切ですが、そればかりだと歌えなくなってしまうので、たまに心を鬼にしてハッキリ思いを伝えることにしています。

新しく学んだことは、変わることを恐れないことと、心を折らないこと。自分が変われば、離れる人は一気に出ます。落ち込みます。でも、頑張っていれば新しい仲間に必ず出会えることも知りました。一気にリスナーさんがいなくなった時、「離れずに助けてくれたリスナーさんたちを何より大切にしたい!」という気持ちが大きくなりました。

配信はリスナーさんがいてくれてこそのものですが、その前に自分が続けられなければ意味がありません。 そのためには何事も無理しすぎないこと、プラス思考でいられなくなった時は一旦立ち止まって休むことも必要だと思っています。 また心の健康のためにも、リスナーさんからのマイナス意見や違うなと思うことは「そっかぁ~」などと受け流し、なるべく深入りせず配信するようにしています!


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

1つ乗り越えても、まだまだ沢山の悩みにぶつかると思います。でも、どんな時も支えてくれるファミリーがいてくれたら絶対に乗り越えられます。 だから、辛くても今目の前にいるみんなを楽しませて、自分も楽しみましょう! そうしているうちに、きっと仲間は増えます。 諦めなければ夢は叶うと信じて、私も試行錯誤している途中です。一緒に頑張りましょうー!!


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

リスナーを歓迎する

常連さんと盛り上がっていると、なかなか初見さんにまで気が回らないことがあります! 楽しみながらも色々なことに気を使い配信されている気遣いが素敵だと思いました!



新規さんが増えず枠の危機感を感じていたが、お忍び配信で人が集まる配信の仕方がわからなくて困った

・エピソード

配信を始めて1年半くらい経ち、2回目のイベントに出た頃でした。コロナ禍でも少しずつライブや外での活動が再開したり、テレワークが終わり出社になるリスナーさんも増えていき、それと同時に新規さんが少なくなってしまいました。

おしのび配信はやった方がいいと思いつつも、やり方が分からず、それまで避けていました。 でもこのままじゃいけない!と思い切ってファミリーに相談したところ、他の枠でアシスタントをしているリスナーさんがおしのび配信のコツや詳しいやり方を教えてくれた上、アシスタントとしておしのび配信を手伝ってくれたんです。他のリスナーさんも、「おしのび配信をやるなら!」と積極的にアシスタントとして入ってくれたり、タイムラインに載るように一生懸命盛り上げてくれました。

少しでもわからないことがあれば、抱え込まず知ってる人に聞くのも大切だと感じました。自分が経験していないことや知識が乏しい部分は、詳しい人に知恵をもらって配信に取り入れることで、必要以上に悩むことも少なくなった気がします。またファミリーに自分の意見を共有すれば、みんな積極的に枠に寄り添ってくれるようになるんだなと実感しました。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

諦めずチャレンジしましょう。続けていればいつか道は開けます。自分を信じて前へ進もう。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

リスナーに楽しんでもらうことを考えコミュニケーションやパフォーマンスをする

自分がまず楽しめるようにパフォーマンスするのは大切です。その楽しさは観てる人に伝わります。楽しい時間を求めてリスナーさんは枠に来ると思うのです。どんなにしんどくともそれを心に持っていれば気持ちは伝わります。自分自身がエンターテイナーと思いながら配信する事がとても大切だと思います。


エピソードは以上となります!ご応募いただいた皆さん、ありがとうございました😀

今後もライバー奮闘記のエピソード募集を実施予定ですので、みなさんのエピソード投稿をお待ちしております📣

募集の際はアプリ内お知らせにお送りします!

また、Twitterでも #ライバー奮闘記 とタグづけして感想を教えてください!📣運営もRTします!
下記のリンクからツイートできます♪

また、こちらの記事の感想や、参考になった悩みエピソードについて、下記に添付したアンケートにて教えてください🙇‍♂️

もっとライバー奮闘記を読みたいと思った方は是非、こちらの記事も読んでみてください♪


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Pococha(ポコチャ)公式
スマホで気軽にライブ配信&視聴ができる「Pococha」の公式アカウントです✨◯Twitter→https://twitter.com/pococha_jp