新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
noteヘッダー__1_

『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT 〜あなたの街から“Live Link Life”〜』スタート! #ぽこがたり

Pocochaでは、1月末より、プロフィールで「地域」を設定できるようになりました。設定した「地域」はタイムラインにも表示されています。

この「地域」設定機能を導入した理由、それは『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT』にあります。

画像9

『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT』とは?

Pocochaは、ライバーリスナー一人ひとりの個性やアイデンティティを大切にしています。
そして、皆さんの身近な街には、歴史やカルチャーがあり、それぞれの思い出と夢に溢れています。

あなたの街、あなたの地元、あなたの故郷から、あなたらしい「Live Link Life」を生み出していく。
『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT (マイライブマイタウンプロジェクト)』では、「あなたの街から“Live Link Life”」をテーマに、
ライブによって地域でつながる人と人のコミュニティを通じて、一人ひとりにとってかけがえのない人生の「よろこび」を皆さんと共に作っていきたいと考えています。

今回の #ぽこがたり では、『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT』についてプロデューサーの水田よりご説明します。

まとめ (2)


-『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT』って、どんなプロジェクトですか?

画像3

水田:ユーザーさん一人ひとりの街・地元・故郷から、それぞれの「Live Link Life」を生み出していくことを目指した、2020年の長期プロジェクトです。イベントやPOCO BASEなどの取り組みを通じて、みなさんの住んでいる地域でもっとPocochaを楽しんでいただけるような環境を作っていきます。

-どうして、『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT』をはじめるんですか?

水田:Pocochaでは2019年を通して、イベントの数と質を充実させることに挑戦しました。結果として、1ヶ月あたりのイベント数を約10倍にまで増やすことができました。

また、リアルイベントPOCO LANDの開催、雑誌出演権イベントやPOCO CLOCKの定常開催、音楽イベントやテレビ番組出演権のイベントなど、多様な種類のイベント開催にも取り組み、様々なユーザーさんの「Live Link Life」をサポートできる環境を目指してきました。

そんな中で迎えた2020年は、Pocochaをより一層みなさんの身近な存在にし、どんな地域の方でも楽しめるようにしたいという目標を打ち立てることに決めました。

画像9

水田:Pocochaには、北海道から沖縄まで、様々な地域のユーザーさんがいます。

日本全国のユーザーのみなさん一人ひとりがPocochaを楽しんでいただけるようサポートしたい。そうした意気込みを、プロジェクトのメッセージ「あなたの街からLive Link Life」という表現であらわしました。


画像9

-具体的にはどんな施策を行うんですか?

水田:『MY LIVE♡MY TOWN PROJECT』の施策の一つ目は「全国広告イベントシリーズ」です。各地域での広告イベントを増やし、よりみなさんの身近な駅やバス停でライバーさんやそれぞれのファミリーの魅力をアピールしていきたいと考えています。

これまでも、多くの方から「地元の家族や友達が見れる広告イベントがほしい」というをいただいていました。この声にお応えして、広告イベントの開催箇所、回数ともに増やしていきます。

-広告イベントに参加できるチャンスが増えるんですね。

水田:そうですね。東京だけの広告イベントでは、入賞枠数に限りがありました。広告イベントを各地域にも展開すれば、今までの広告イベントではハードルが高かったという方でも、輝ける舞台が増えるのではないかと思っています。

-どんなイベントが登場するんですか?

画像6

水田:第一弾として、1月に福岡バス停広告イベントを開催しました。3/11(水)からは、新潟駅広告イベントが開始されます。今後も、今まで広告を出したことがなかった地域にもライバーさんの魅力を発信していきたいと考えています。


画像10

-他には、どんな施策を予定していますか?

水田:『MY LIVE♡MY TOWN PROJECT』施策の二つ目は「"街"をキーワードにしたネットワーク企画シリーズ」です。自分と同じ地域のファンや仲間を増やしやすくなるような企画を行っていきます。同じ街に結びつきのある人となら、地元の話で盛り上がれたり、共通の話題が多かったりと、より身近で濃いつながりをつくれるのではないかと考えているんです。

-“街”をキーワードにつながるって、例えばどんな企画を用意しているんですか?

水田:鍵となるのが、プロフィールの「地域」設定機能です。ここで同じ「地域」を設定した方同士がつながりやすくなるような仕組みを導入していきます。

まずは、第一弾として、3/11(水)より開催の新潟駅広告イベントを盛り上げる計画をしています。「新潟」または「北信越」の地域を登録しているリスナーさんに、Pococha公式LINEにて、新潟駅広告イベントの経過をご紹介していきます。

紹介の対象となるライバーさんは、「新潟」「北信越」の地域を設定して新潟駅広告イベントに出場している方です。ぜひ、地域を設定してご出場くださいね!

-より濃いファンや仲間が増えるといいですね!

水田:はい、そう思います。しかし、“街”をキーワードにするからといって、住所などの情報がやりとりされることはもちろん禁止しています。個人情報の記載に関する監視体制は引き続き整備していきますのでご安心ください。


画像10

-今まで東京だけの開催だったPOCO BASEも、よりみなさんの身近な街に広げていくんですね。

水田:はい。『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT』は、運営の力だけで達成できるものではありません。ぜひライバー・リスナーのみなさんも、一緒に盛り上げていただければと思っています。

そんな仲間となっていただけるみなさんが集う場を広げるべく『MY LIVE♡MY TOWN PROJECT』「POCO BASE全国開催シリーズ」を展開していきます。

2月から3月にかけて企画していた全国5都市でのPOCO BASEは、新型コロナウイルスへの対応にて、安全性を考慮してやむなく延期させていただきました。状況が落ち着き次第、リベンジしたいと思っていますので、ぜひお待ちいただければ嬉しいです。

-みなさんの身近なところに、Pocochaの輪が広がっていくといいですね。

水田:相談したいと思ったときや、一緒にPocochaを語りたいと思った時に、ライバー同士、リスナー同士の仲間がいる。Pocochaについて話せる場所が身近にある。そんな環境を目指していきたいです。

-イベントやPOCO BASEについて、今後展開していく街は決まっていますか?

水田:Pocochaに期待して待ってくださっている方の熱量の大きさを参考に決めたいと思っています。「この街で広告イベントを開催して欲しい!」「この街でPOCO BASEを開いて欲しい!」などリクエストがあればぜひご意見ボックスにお寄せください!

画像9


住んでいる地域にかかわらず、みなさんにPocochaを楽しんでいただけるような環境を作るべく、各地域でPocochaを盛り上げていきます。今後『MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT』として様々な企画を行っていきますのでどうぞお楽しみに。

まずは、ぜひプロフィールより「地域」を設定してみてくださいね!



172
スマホで気軽にライブ配信&視聴ができる「Pococha」の公式アカウントです✨◯Twitter→https://twitter.com/pococha_jp◯Instagram→https://www.instagram.com/pococha_jp/

こちらでもピックアップされています

#ぽこがたり
#ぽこがたり
  • 10本

Pocochaのこれからを語るnote「#ぽこがたり」のまとめです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。