見出し画像

「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」第二弾!地域PRイベントが登場 #ぽこがたり

Pocochaでは、2020年の長期プロジェクトとして「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」に取り組んでいます。

「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」では、「Pocochaをより一層みなさんの身近な存在にしたい」「一人ひとりの街・地元・故郷でもっとPocochaを楽しんでいただきたい」という思いで、様々な企画を行っています。

現在、「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」のうち「全国広告イベント」「POCO BASEの全国展開」は、新型コロナウイルス感染症の影響で実施ができていません。そんな中でも、「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」では今できる取り組みを行い、みなさんの街をPocochaで盛り上げていきたいと考えています。

今回の記事では、「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」の新たな取り組み「地方PRイベントシリーズ」と「地域タイムライン」についてプロデューサーの水田よりお伝えします。


画像1


-「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」について、改めて説明をお願いします。

水田:「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」は、ユーザーさん一人ひとりの街・地元・故郷から、それぞれの「Live Link Life」を生み出していくことを目指したプロジェクトです。2020年の一年間をかけて、みなさんの住んでいる地域でもっとPocochaを楽しんでいただけるような環境を作っていきたいと考えています。

-「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」を発表してから約2ヶ月が経ちましたが、今はどんな状況ですか?

水田:「全国広告イベントシリーズ」「POCO BASEの全国展開」は、新型コロナウイルス感染症の影響にて実施ができていない状況です。そんな中でも、Pocochaを通じてみなさんの街を盛り上げていけないかと考え、6月から「地域PRイベントシリーズ」「地域タイムラインの実装」という新たな企画を行うことにしました。


地域の魅力を発信する「地域PRイベントシリーズ」

-まず「地域PRイベントシリーズ」について教えてください。

水田:「地域PRイベントシリーズ」は、6月から始まる新しいイベントの企画です。地域の名産・特産品や伝統工芸品、地域の観光大使となれる権利など、その地域オリジナルなプライズを獲得いただけます。

-なぜ、地域の名産・特産品などをプライズとしたイベントを企画したんですか?

水田:この「地域PRイベント」を通して、地域の文化を盛り上げたり、ライブ配信の魅力を地域のより多くの方に広めたりするきっかけ作りができるのではないかと考えているからです。

例えば、イベントをきっかけに地域の方々にPocochaに興味を持っていただいたり、その地域にゆかりのあるライバーがイベントに出場することで地域の名産・特産品のPRになったり。イベントという思い出で、それぞれの地域とライバー・リスナーのみなさんの間につながりができ、Pocochaがよりみなさんの地域で身近に感じてもらえるようになればと考えています。

画像2

-プライズはどんなものを企画していますか?

水田:地域特有の産業や伝統・文化に関連するもの、コロナや災害の影響で事業存続の危機に直面しているもの、後継者不足の問題などで伝統・文化の存続が危ぶまれているもの、Pocochaのユーザーさんが地域の観光大使となれるものなどを取り上げ、一緒に盛り上げていきたいと考えています。

-Pocochaをきっかけにして、それぞれの地域の文化が盛り上がっていくと素敵ですね。

水田:そうですね。地域PRイベントの今後の取り組みとして、運営から地方自治体や各種地域団体に対して寄付していくことも検討していきたいと考えています。

-第一弾の詳しいイベント情報を教えてください。

水田:第一弾は6月19日より、「ご当地企業タイアップ in 北海道 木製カップ&スープ」を開催します。プライズは、北海道特産の、木製ハンドメイドスープカップとサロマ産えびすかぼちゃのスープです。

画像5

地域PRイベントシリーズ ご当地企業タイアップ in 北海道 木製カップ&スープ
対象ランク:[C-]〜[S+]
プライズ:木製ハンドメイドスープカップ、北海道サロマ産えびすかぼちゃのスープ
※ランクやランキングによってプライズの種類は異なります
※リスナープライズのご用意も予定しております
開催日程:6月19日〜6月23日


オケクラフトセンター森林工芸館より

画像3

私たちは北海道置戸町という山あいの町で、エゾマツや白樺といった木材を中心に毎日の暮らしの中で気軽に使うことのできる地域クラフトブランド「オケクラフト」という木の器を製造、販売しています。
地域の材料を使い、この地で生活しながら、モノづくりを生業としている作り手が町内に23名。それぞれが独立した工房を構え活動しています。
”日々の暮らしの中から生まれ、愛着を持って使うことで手になじむ道具になる”、そんな想いを胸に、使い手に思いを馳せ、毎日の暮らしを彩る「普段使いの器」を作り続けています。ぜひこの機会にオケクラフトをお使いいただき、手触りや使い心地をお試しください。
また、通常の行き来が可能になった暁には、ぜひ置戸町に足をお運びいただければ幸いです。


有限会社アイランドより

画像4

北海道の「うまい!」を世界へひろめるべく、土壌豊かで温暖差が生む糖度のある野菜や果物、多くのプランクトンが発生する海で獲れる美味しい魚介類を提供しています。
この度の感染症拡大の影響で全国の百貨店での北海道物産展が無くなり大変困っておりました。このような中、当社のポタージュをお選び頂きありがとうございます。
海に面したオホーツク地方の北海道サロマ産のえびすかぼちゃを使用した濃厚な当スープは、チーズ、クリームやセロリ、にんにく、たまねぎ、人参などの北海道産の食材が含まれており、とことん北海道産の食材にこだわっています。当店自慢の美味しいスープをぜひご賞味ください。


水田:地域にゆかりのあるみなさんはもちろん、一緒に地域を応援して盛り上げたいというみなさん、ぜひこちらのイベントにご参加いただき特産品をPRしていただければと思います。


自分と同じ地域にゆかりのある人を見つけられる「地域タイムライン」

-続いて、二つ目の「地域タイムライン」について教えてください。

水田:自分と同じ県や地域を設定しているライバーが表示される「地域タイムライン」を、昨日5月28日に実装しました!

-自分と同じ地域にゆかりのあるリスナーさんに見つけてもらいやすくなったり、共通点のあるライバーさんを探しやすくなったりするんですね!

水田:はい。同じ街に結びつきのある人となら、地元の話で盛り上がれたり、共通の話題が多かったりと、より身近で濃いつながりをつくれるのではないかと考えているんです。もちろん、地域タイムラインを導入するにあたって、個人情報の記載に関する監視体制は引き続き整備しておりますのでご安心ください。

-地域タイムラインを見たり、掲載されたりするにはどうすればいいんですか?

水田:地域タイムラインの表示は、プロフィールから設定する「地域」の情報をもとに行います。ぜひプロフィールから地域を設定してみていただければと思います!


おわりに

「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」では今後も様々な取り組みを行っていく予定です。新たな取り組みを行う場合には、お知らせやnoteなどでお伝えできればと思っております!どうぞお楽しみに。

182
スマホで気軽にライブ配信&視聴ができる「Pococha」の公式アカウントです✨◯Twitter→https://twitter.com/pococha_jp◯Instagram→https://www.instagram.com/pococha_jp/

こちらでもピックアップされています

#ぽこがたり
#ぽこがたり
  • 11本

Pocochaのこれからを語るnote「#ぽこがたり」のまとめです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。