見出し画像

2月から「オフの日」を導入します!(1/25 QA部分一部追記)

Pococha(ポコチャ)公式

こんにちは、Pococha運営です。いつもPocochaをご利用いただきありがとうございます。
Pocochaでは2023年2月から、ランクメーターが変動しない「オフの日」を導入します。

「オフの日」は、自分で設定できる、必ず配信をおやすみする日のことで、月に2日は必ずおやすみをとっていただくことになります。

こちらのnoteでは、「オフの日」によって解決したい課題、「オフの日」の概要、期待される効果についてご説明します。

※またオフの日の導入に伴い、2月からコアファンの条件を変更します。
詳細はこちらをご覧ください。

1.「オフの日」の導入で解決したい課題

課題:おやすみチケットがあっても、実際には休めていない

Pocochaでは、多様なライバーが、自分の個性やライフスタイルに合わせて継続的に配信できる世界を目指しています。

そのためには、ライバーさんが自身の予定や体調、ライフスタイルに合わせて適切におやすみを取り、無理なく配信を続けられる仕組みが必要だと考えています。
使用するとランクメーターの変動が止まるおやすみチケットも、適切におやすみをとれるように配布しています。

しかし実際には、おやすみチケットは休むためではなく「ランクのマイナスを回避するため」に使用されています。
おやすみチケットの利用状況の調査からも、C1ランク以上のライバーさんは、配布したおやすみチケットのほとんどを使用している一方で、実際に配信をせずに休んだ日数は、1ヶ月に3日~6日でした。
つまり、おやすみチケットがあっても、多くのライバーさんが「実際には休めていない」という状態になってしまっています。

原因:みんなが必ずおやすみできる仕組みがないこと

おやすみチケットがあっても、多くのライバーさんが「実際には休めていない」原因は、みんなが必ずおやすみできる仕組みがないからです。

さらに、ライバーさんが配信するタイミングと、リスナーさんが配信にくるタイミングを揃えるために、ライバーさんは配信時間を伸ばす努力をし、適切に休むことができなくなってしまいます。

このままの状態が続いてしまうと、「適切に休むことなく、無理をして配信をすること」や「コミュニケーションのために、ライバーは配信時間を伸ばすこと」が当然になってしまい、Pocochaが目指す「多様なライバーが、自分の個性やライフスタイルに合わせて継続的に配信できる世界」は実現できません。
そこで、みんなが必ずおやすみできる仕組みが必要だと考えております。

2.「オフの日」の概要

Pocochaでは、みんなが必ずおやすみできる仕組みとして「オフの日」を導入いたします。
2023年2月以降Pocochaでは、毎月「オフの日」を設定しないと配信することができなくなります

A.対象者について

「オフの日」を設定する必要があるのは、配信開始から2ヶ月が経過していて、毎月20日より前に配信を開始しようとする全てのユーザーさんです。

■配信開始から2ヶ月が経過
2022年12月31日までに配信を開始したユーザーさんは2023年2月から、2023年1月1日から1月31日の間に配信を開始したユーザーさんは2023年3月から、オフの日の設定が必要となります。

■毎月20日より前に配信を開始
例えば2月にオフの日を設定する場合、2月3日、2月19日に配信を開始しようとするユーザーさんは設定が必要ですが、2月20日に配信を開始しようとするユーザーさんは設定は不要です。

毎月20日以降に配信を開始しようとするユーザーさんは設定不要

20日という期日の設定意図としては、月の最初の配信が20日以降のユーザーさんは、「オフの日」を設定しなくても十分におやすみが取れていると考えられるからです。
※設定は不要ではありますが、オフの日の設定自体はできますので、おやすみを取りたい方は設定ください。

B.ユーザーのみなさんが行うことについて

ユーザーのみなさんは月の最初の配信の前に、当月の「オフの日」を2日間選択していただきます。
「オフの日」の設定後に配信ができるようになります。

■オフの日の設定画面

オフの日の設定画面①
オフの日設定画面②

なお一度「オフの日」を設定した後であっても、オフの日当日の10分前までであれば設定日は変更できるので、突然の予定変更にも柔軟に対応できます。
※過去に取得した「オフの日」の日程を変更することや、「オフの日」を過去の日程に変更することはできません

例えば、当初2月9日と2月21日に「オフの日」を設定していたとします。
本日が2月7日であれば、「オフの日」をそれぞれ2月14日、2月23日に変更することができます。しかし、過去の日程である2月5日などや翌月の日程に変更することはできません。

オフの日は設定後に変更でます
※過去の日程や、翌月への変更はできません

みんなが必ずおやすみを取る仕組みですので、「オフの日」を翌月に持ち越すことはできません。

C.「オフの日」当日の配信について

オフの日当日は、配信ができなくなり、ランクの変動もなくなります。
※ラジオ配信も含みます
※配信の視聴やファミリーでのコメントなど、ライバーとして配信を行う以外の他の機能は使用可能です。

D.「オフの日」の適用時間について

「オフの日」は、ライバーの締め時間によって適用される時間が異なります。
また、「オフの日」当日の最初の7分は、配信することができる「アディショナルタイム」を導入する予定です。
そのため、前日の締め時間の間際に突然配信が切れてしまうことはありません。

※「アディショナルタイム」中に配信を開始することはできません。
そのため、アディショナルタイム中に配信が途切れてしまうと、アディショナルタイム中であっても再度配信を開始することはできません。

■2月10日を「オフの日」に設定する場合
13:00が締め時間の場合 
2月10日13:07分ごろ〜2月11日13:00 は配信ができません

22:00が締め時間の場合 
2月9日22:07分ごろ〜2月10日22:00 は配信ができません

24:00が締め時間の場合 
2月10日00:07分ごろ〜2月10日24:00 は配信ができません

※イベントの最終日の翌日に、オフの日を設定する場合には、イベラスの時間に配信ができない場合がありますのでご注意ください。
例えば、2月9日が最終日となるイベントに出て、2月10日をオフの日に設定した場合、22:00が締め時間のライバーさんは2月9日のイベラスの時間に配信ができなくなります。

■締め時間ごとのオフの日とアディショナルタイムのイメージ(13:00締めと24:00締めの場合)

■オフの日前後の配信・視聴画面

オフの日の前

オフの日の前の画面

アディショナルタイム中(残り3分50秒)

アディショナルタイム中の画面

アディショナルタイム終了直前

アディショナルタイム終了直前の画面

※なおアディショナルタイム中の配信は、ランクボーダーには影響を与えませんが、応援ポイント・イベントポイント・盛り上がりダイヤは獲得することができ、応援ポイントやアイテムのランキングにもカウントされます

3.「オフの日」の導入によって期待される効果

「オフの日」の導入によって、ライバーさんがコンディションをととのえやすくなる、という効果を期待しています。

効果:ライバーさんがコンディションをととのえやすくなる

「オフの日」は設定をすると配信ができなくなるので、おやチケのように、配信中にランクボーダーでマイナスになりそうなときに回避するため配信時間を確保するためには使用できません。
「オフの日」設定日は、ライバー全員が気兼ねなく、必ずおやすみをとることができるようになります。

自由に使える時間が増えるので、リフレッシュしたり、配信の工夫を考えたりすることもでき、配信活動にもメリハリがつくことを期待しています。
「オフの日」導入によって、「多様なライバーが、自分の個性やライフスタイルに合わせて継続的に配信できる世界」の実現に近づけると考えています。

4.ライバーさんに聞いてみました!「オフの日」はどう過ごす?

「オフの日」の導入にあたり、ライバーさんに
①オフの日はどのように過ごしたいのか
②適切におやすみを取るために、今取り組んでいる工夫
をお聞きしてきましたので、こちらでご紹介します。

ライバーAさん
①オフの日はどのように過ごす?
時間を気にせず外出して、リフレッシュしたいです。

②適切におやすみを取るための工夫
配信時間を1日3時間と決めていて、メリハリを持った配信をしています。
他にも、配信中にリスナーさんと一緒に今後の配信スケジュールを決めています。

ライバーBさん
①オフの日はどのように過ごす?
オフの日を使って一人旅に行ったり、そのお土産を配信の企画に使ったりを考えています。

②適切におやすみを取るための工夫
1回の配信を、自分の集中力を保つことができ、リスナーさんも満足できる「1時間半」と決め、メリハリを持って配信をしています。

5.Q&A

■ご質問
オフの日は2日分のようですが、ひと月に2日を目安に休むってことでしょうか?
■回答
いいえ、そうではありません。
今回は「オフの日」を導入する初期段階で、何日導入すれば最適であるのかがまだわかっていないので、ひと月に「2日」の導入から実施しております。
そのため、おやすみチケットと「オフの日」を組み合わせて、従来通り適切に休みをとっていただきたいです。
また、今後「オフの日」に対するみなさんのご意見や配信の様子を参考にさせていただき、日数を調整していこうと思っております。

■ご質問
今回の「オフの日」導入によって、おやすみチケットの配布枚数や配布の頻度は変わるんですか?
■回答
今回のタイミングでは、おやすみチケットの配布枚数を変更しません。
ただし、今後オフの日の日数を増やしたり、他のおやすみ制度を整備する際に、おやすみチケットの配布枚数を変更する予定です。

■ご質問
おやすみチケットと、「オフの日」の違いはなんですか?
■回答
おやすみチケットは、使用しても配信ができるのに対して、「オフの日」は、配信ができなくなります。
なお、ランクメーターの変動が止まることに関しては共通しています。

■ご質問
配信のスケジュール調整や、休む日の選択もライバーさんの自由だと思うのですが、Pococha運営が制度を作る必要はありますか?
■回答
配信のスケジュール調整や、休む日の選択もライバーさんの自由だということはその通りだと思います。
しかし現状の仕組みでは、多くのライバーさんが自身の予定や体調、ライフスタイルに合わせて適切におやすみを取ることができていません。
このままでは、多くのライバーさんが、配信やPoccohaから離脱せざるを得ない世界になっていってしまいます。
そのため、全てのライバーさんが、無理なく継続的に配信できる環境を整える必要があると考え、「オフの日」を導入します。

■ご質問
「オフの日」の導入によって、リスナーが配信を視聴するタイミングが減ってしまうのではないですか?
■回答
「オフの日」導入後は、ライバーリスナーの皆さんで、配信スケジュールを事前に相談していただくことをおすすめします。
配信スケジュールを事前に相談いただくことで、ライバーさんは配信時間を伸ばすことが減り、より適切におやすみを取ることができるようになると考えています。
なお、配信スケジュールを事前に相談したとしても、配信の視聴タイミングがどうしても減ることはあると考えています。
そのため、「オフの日」導入と同時に「コアファンの条件」の変更を予定しています。
詳細はこちらをご覧ください。

■ご質問
「オフの日」ではない、配信の日の配信時間が増え、結局効果がないのではないですか?
■回答
最終的な理想としては、ライバーさんが自分のおやすみを自分で調整して、配信できる状態だと思っております。
ですが、それはいきなりできるわけではないと思っております。
自由におやすみをとって良いとなると、ライバーさんも何日休めば良いかわからず、結局休みを調整することができずに、頑張ってしまうと思います。
そのため、Pocochaでは段階的におやすみ制度を整えていく予定です。
今回は段階的な整備のファーストステップとして、「オフの日」をひと月に「2日」導入します。
今後、ライバーさんが自分のおやすみを自分で調整できる理想を目指して、「オフの日」の日数の調整や他のおやすみ制度の導入について、バランスをとって進めていく予定です。

■ご質問
オフの日の設定画面や変更画面はどこから遷移できますか?
■回答
プロフィール画面から設定画面や変更画面に遷移できます。
また、配信時に当月のオフの日が設定前であれば、配信ボタンを押すと設定画面に遷移することができます。
※オフの日の設定対象ではない場合には、プロフィール下部に「オフの日」という項目は表示されません

■ご質問
毎月のオフの日はいつから設定できるようになるのですか?
■回答
原則、前月の最初の期日(前々月の最終日の締め時間以降)
から設定することができるようになります。
例えば、3月のオフの日は2月1日から設定が可能です。
※導入月の2023年2月は、例外的に設定が直前となります
※締め時間の影響を受けます

■ご質問
1月中にオフの日を設定していないと、1月31日から2月1日にかけての月またぎの配信はできず、配信が終了してしまいますか?
■回答

いいえ。配信が終了することはありません。
ただ、2月最初の配信をスタートする際には、あらためてオフの日を設定いただく必要があります。

6.新おやすみ制度のこれから会の実施

こちらのnoteでは、「オフの日」によって解決したい課題、「オフの日」の概要、期待される効果についてご説明してきました。
繰り返しになりますが、「オフの日」の導入によって、みんなが必ずおやすみできることを期待しています。

ただ、「オフの日」の導入だけで、Pocochaが目指す多様なライバーが、自分の個性やライフスタイルに合わせて継続的に配信できる世界を実現できるとは思っておりません。
「オフの日」を含め、Pococha全体としてのおやすみ制度を整えていく必要があると思っております。

そこで、今後取り組もうと考えているおやすみ制度について、みなさんに直接お伝えし、みなさんから直接ご意見をいただく、「新おやすみ制度のこれから会」を実施しようと思っております。
ぜひ、多様な人が自分らしく配信を楽しめるPocochaを一緒に創っていくため、みなさんのご意見を聞かせていただきたいです。

Zoomで「新おやすみ制度のこれから会」を実施します!

今回の導入の詳細やより詳しい背景、今後のおやすみ制度の方針についてお話しします!
2月12日(日)に、オフの日の詳細や、より詳しい背景、さらに今後の計画などについて運営担当から直接お話しさせていただく会を、ライバー編、リスナー編の2回実施する予定です!
このnoteを読んでいただいたみなさんからのご質問にもできる範囲で回答しますので、応募いただく際にご記入ください!
Zoomでご参加いただけますので、以下をご確認の上、アプリ内のお知らせからふるってご応募くださいね💁‍♀️

■スケジュール
2月12日(日)
ライバー編:14:00〜15:30
リスナー編:16:30〜18:00
※途中休憩はございません

■応募締め切り:2/5(日)まで
※当選発表は2/8(水)を予定しています。当選の場合のみ通知いたします。
※応募状況により、募集期間を延長する可能性がございます。
※応募者多数の場合は、抽選を行わせていただきます。何卒ご了承ください。
※参加可能人数が最少催行人数(10名)に達しなかった場合は、イベントの実施を取りやめることがあります。

■対象者
・今後のおやすみ制度に関して、運営と一緒によくしていきたいと思っている方
・満20歳以上の方
・現時点で応援ランクが[C1]ランク以上(ライバー編の場合)
・ご自宅等、オンラインでの参加に適した静かな室内から顔を出してのZoom参加ができる方
・現在までにPocochaをご利用いただく中で、当社の定める各規約、ガイドライン、ルール等に悪質な違反がない方

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!