見出し画像

市区単位の地域設定機能を導入します〜地域を盛り上げる新機能やイベントにご参加いただくにあたって〜

Pococha(ポコチャ)公式

先日、「日本全国の地域を盛り上げるPococha」という新しいビジョンを発表しました。

このビジョンに関連して展開予定の新機能や新イベントにご参加いただくにあたり、ご利用の端末の位置情報機能を使った地域設定が必要です。

そこで本記事では、地域設定機能を導入する理由と、本機能をユーザーさんに安心して使っていただけるような取り組みをご紹介します。


1.「日本全国の地域を盛り上げるPococha」のご紹介

2023年のPocochaは、「日本全国の『地域』を盛り上げるPococha」を作っていきます!

具体的には、『地域』のつながりを生かして、誰もがPocochaで活躍できる体験を作っていきます。

今のPocochaは左側のオンラインの楽しみ方がメインになっています。Pocochaの地域開拓ビジョンで実現していきたいのは、右側の地域のつながりを生かした体験です。

地域のリアルなつながりを生かしてPocochaを楽しむ、あるいはオンラインとリアルなつながりが融合したコミュニティで楽しむ、などもPocochaのなかで実現していきたいです。

地域を盛り上げる新機能やイベントを作っていくことで、長期的には次のような循環を作っていきたいです。

  1. まずは特定の地域のライバーさんがならぶ地域タイムラインを通して、地域の近いユーザーさん同士のつながりが生まれ続ける

  2. そこで生まれたつながりを生かして、地域のライバーさんが活躍する舞台がある。
    具体的には、地域ランキングという地域の中でライバーさんが競争でき、そこで報酬を獲得できる仕組みを構想しています。
    他にもすでにある地域広告・テレビCMイベントなども、その一つにあたります。

  3. そうして生まれた熱量が広がっていくことで、配信枠を超えた、地域の結束や一体感が生まれていくような地域対抗戦イベントを作っていきます。こちらは『県対抗ぽこリーグ』という名称のイベントを展開予定です。

とはいえ、この取り組みを始めてすぐに記載したような流れが生まれるわけではありません。これはビジョンであり、長い時間をかけて実現していく未来です。

ビジョンに関する詳細な内容については、こちらのnoteを合わせてご確認ください!


2.地域の新機能やイベントに参加するには、地域設定登録が必要です

今後展開していく地域の取り組みにご参加いただくには、市・または区単位の地域登録が必要です。

※各地域、市町村の規模に応じて単独の市として設定の可能な場合と、複数市町村をまとめて一つの地域として設定していただく場合がございます

地域の取り組みや地域登録は、Pocochaの新しい楽しみ方を提案するものであり、ご利用の有無はユーザーの皆さんに自由に選んでいただけます。

登録した場合でも、リアルタイムで配信場所がわかるものではなく「市区」が表示されるのみとなります

1月25日には、「日本全国の地域を盛り上げるPococha」の最初の取り組みである「地域タイムライン」を導入します!
地域を登録いただくことで、市区単位ごとの地域タイムラインに参加できます。

例えば東京の「八王子市」で登録したライバーさんは、札幌市で配信していても、登録上は「八王子市」となり、「八王子市」の地域タイムラインにならぶようになります。


※1月25日以降、プロフィールの地域設定から登録した地域設定を変更することが可能です。お引っ越しなどをされた場合は、そちらで変更が可能です。
ただし、一度変更した場合は90日間再変更ができなくなるので、お気をつけください。


地域設定機能を導入する理由

地域設定機能を導入する理由は、地域設定を自由に決められるようにすると、仕組みを悪用されてしまう可能性もあり、そうなってしまうと日本全国の『地域』を盛り上げるPocochaを実現できないからです。

例えば、任意登録ができると、地域タイムラインができても、近い地域のユーザーさん同士のつながりを作り出したり、近い地域のユーザーさん同士がPocochaを通して交流するという体験を作り出すことができません。

・具体例
地域設定を好きに登録できると、札幌に住んでいるライバーさんが「八王子市」などと登録できてしまうので、これでは「地域で盛り上がるPococha」を実現できません。


また、地域ランキングを作っても、上位になりやすい地域を登録することで不当に高い順位・ランクを得ることができてしまい、地域で盛り上がる体験を作れません

・具体例
地域設定を好きに登録できてしまうと、「札幌市の地域ランキング上位のライバーさんが、全員八王子市で活躍するライバーさんである」という状態になりかねません。これでは、「地域で盛り上がるPococha」を実現できません。

他にも、好きに登録できてしまうと、「〇〇市のランキングの参加者が少ないから、その市に登録する」ということが起こってしまう可能性があります。

だからこそ、地域開拓ビジョンを実現するために初期の段階で地域設定機能を導入することとしました。


3.地域設定機能導入に関するQ&A

ここで「位置情報登録」と聞くと、不安に感じられる方もいると思うので、Q&A形式でお答えします。

回答するのは、次の4つの質問です。


Q:地域設定をすると配信している場所がわかるのでしょうか?

A:配信している場所はわかりません。あくまで、登録した地域がわかるのみとなり、それ以上の細かい位置情報は表示されません。また、位置情報がリアルタイムで更新される仕組みではありません。

例えば「八王子市」で登録している人が、札幌市で配信していても、登録上は「八王子市」です。

登録した市区単位で、同じ地域のライバーさんが「八王子市」の地域タイムラインにならぶようになります。

Q.〇〇市の単位だとしても地域設定登録はしたくないのですが、登録しないという選択もできますか?

A:地域設定は任意なので、登録しない選択もできます。

あえて極端な表現をすると、不安に感じる方は、「最初は利用しない」という選択をしていただければと思います。

あくまで「地域のつながりを生かして楽しむ」という1つの提案なので、使うかどうかはユーザーさんが自由に決められます。

地域のつながりを生かして、Pocochaを楽しみたいと感じた方は積極的に使う、そう思わない方は使わない。それでいいと思ってます。

Q:最終的に全員登録しないといけなくなるのでしょうか?

A:いいえ、全員必須登録にはなりません。

強制的に登録してもらうこともありません。
また、後から登録できないようにはなりません。

前提、最初は登録しない人がたくさんになるだろうと思っており、この取り組みは、まだまだ先が見えてない新しい取り組みです。

なので、「機能が追加されたらすぐに登録しないと」と思う必要はないし、登録期間などはないので、様子を見ながら参加する、というのでも大歓迎です。

Q:現在の居住地ではなく、「地元」で登録してもいいのでしょうか?

A:まずは地域のつながりを作っていきたく、居住地付近でご登録いただきたいです。

また、ご本人に悪気がなくても、居住地とは異なる地元で登録すると、地域のつながりが作れなかったり、異なる地域のユーザーさんがランキングで入賞するといったことが起こってしまいます。

将来的には、実際の居住地をベースとした地域登録機能に加え、「地元登録機能」のような新機能を追加することで、地元を盛り上げたりできるような体験は作っていきたいと考えていますが、実施タイミングや実施判断は未定です。


4.地域設定の方法

地域設定をする具体的な方法をご説明します。
地域設定機能は、端末の位置情報機能を使って、自分がPocochaを利用する「地域」を設定する機能です。

また、リアルタイムで位置情報を取得するのではなく、登録時のみ位置情報を利用し、地域を設定する機能です。

※Android版は端末機種により設定方法が異なりますので、手順等のご不明点についてはご利用端末機種のサポート窓口までお問い合わせ下さい


設定画面へのアクセス

次の2つの場所から地域設定ができます。
①1月25日より導入予定の地域タイムラインから設定する
※ 地域タイムラインの狙いや機能については、リリース前にお伝えします

地域タイムラインリリース後に、地域タイムラインから、「地域設定をする」をタップして設定できます。

②プロフィール設定画面から設定する
プロフィール → 歯車アイコン→ プロフィール編集➝地域をタップして設定できます。


位置情報の利用許可方法

設定画面を開いたら、注意事項を確認の上で、位置情報をオンにするボタンを押してください。
※このボタンだけでは設定は完了しません

登録時のみ位置情報を参照するため、iOSの「Appの使用中は許可」、「1度だけ許可」Androidの「アプリの使用時のみ」「今回のみ」のどちらを選んでも影響はございません。
※AndroidはOSによって画面の表示が異なる場合がございます

過去に「許可しない」を選ばれた方は、以下のような手順で再度許可が可能です。
下記の画面にて、「はい」をタップすると「設定」アプリに自動でアクセス>位置情報にて、利用を許可できます。


  • iOS

  • Android


地域設定の選択

取得した位置情報を元に設定できる地域の選択肢が表示されます。位置情報によって選択の内容や選択肢の数は異なります。

  • 具体例
    世田谷区中心部の方は、選択肢が「世田谷区」のみとなります。
    世田谷区と渋谷区の境の方は、選択肢に「渋谷区」「世田谷区」が表示されます。

選択し、確定することで地域情報の設定が完了します。
※地域設定は、設定後90日間変更できません。


設定する地域区分について

各地域、市町村の規模に応じて単独の市として設定の可能な場合と、複数市町村をまとめて一つの地域として設定していただく場合がございます。

区分に関しては利用動向を確認しつつアップデートをすすめていく予定です。
※地域分けの基準の詳細についてはお問い合わせいただいても回答いたしかねます

具体的な地域区分は、こちらのページにてご確認いただけます。


地域登録の解除方法

プロフィールの地域設定から登録した地域設定を解除することが可能です。
一度解除した場合は90日間再設定ができなくなります。

先ほどご説明した設定画面から、地域設定を解除するをタップして、解除できます。


地域登録の変更方法

プロフィールの地域設定から登録した地域設定を変更することが可能です。一度変更した場合は90日間再変更ができなくなるので、お気をつけください。

変更される際は、プロフィール → 歯車アイコン→ プロフィール編集➝地域をタップしてください。

設定画面にて、地域設定を変更するをタップしていただくと、設定時と同じ方法で設定が可能です。


既存の「地域」・「地域タイムライン」について

既存の地域設定や地域タイムラインは本機能のリリースのタイミングで置き換わり、自動で解除されます


5.地域設定機能導入への不安に対する運営の取り組み紹介

最後に、Pocochaを地域から盛り上げていくことに対してみなさんが感じるかもしれない不安に対する運営方針をご説明させていただきます。

ユーザーさんが抱く不安は、大きく分けて次の3つがあげられると考えています

A. ユーザーさん同士のトラブルに発展してしまうこと
B. 初心者ライバーさんが深く考えずに登録してしまいトラブルに発展すること
C. 地域での楽しみ方を選ばないライバーさんが登録しないことでプレッシャーに感じてしまうこと


A. ユーザーさん同士のトラブルに発展してしまうこと

1つ目はユーザーさん同士のトラブルに発展してしまうことです。

いくら地域でつながる体験をしたいと思っていても、どのような関わり方をするかはお互いに適切な距離感のある関係である必要があると考えています。

1対1の出会い目的行為のような規約で禁止されている行為を始め、トラブルになりそうなことに対しては、予防・検出・対処の3本柱で対応していきます。


B. 初心者ライバーさんが深く考えずに登録してしまいトラブルに発展すること

歴の長いライバーさんとは違い初心者のライバーさんはうっかり特定されてしまうような情報を伝えてしまう可能性もあります。

そこで、位置情報を設定されているユーザーさんの枠では、毎回、配信開始の時に注意喚起を表示することでトラブルに陥らないよう、啓蒙活動を進めていこうと考えています。

他にも、配信トラブルを避けるための方法なども、記事を通して発信していきます。


C. 地域での楽しみ方を選ばないライバーさんが登録しないことでプレッシャーに感じてしまうこと

最後に、なぜ位置情報を登録しないのか、なぜ地域の楽しみ方を選ばないのかという声に、プレッシャーを感じてしまうことがあるかもしれません。
そこで、位置情報設定に関する注意喚起に合わせて適切な利用を促す啓蒙活動を行います。

具体的には、ユーザーさんが思わぬトラブルに発展しないように記事やお知らせを通して適切な注意喚起を行っていき、「位置情報機能は任意のものであり、必須のものではない」という共通認識を作っていきたいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

位置情報機能の導入背景に関するご説明は以上となります。

『日本全国の地域を盛り上げるPococha』は、これまでのPocochaにはなかった体験を生み出していくための、新しい取り組みです。

実現したい体験がなかなかお届けできなかったりすることや、お伝えしたような不安をユーザーさんが抱くこともあるかと思います。

運営としては、「不安があるからやらない」のではなく、その不安をユーザーさんと協力しながら解決していけるようにしたいです。
そしてみなさんとライブ配信文化を作っていき、日本中に広めていきたいです。

『地域を盛り上げるPococha』で次に導入する新機能は「地域タイムライン」です。
地域タイムラインは、1月25日に導入予定で、機能追加日には、noteにてご説明いたしますのでお楽しみに!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!