2021年9月実施 アシスタント力検定 3級 問題・解答・解説 📝
見出し画像

2021年9月実施 アシスタント力検定 3級 問題・解答・解説 📝

いつもPocochaをご利用いただきありがとうございます。
今回は、9/20~9/23で実施した「アシスタント力検定」の問題・解答・解説を公開します。受験いただいた皆さん、誠にありがとうございました。

アシスタント力検定は、ユーザーの皆さんから頂いた体験談を基に問題を作成しました。受験者のみなさんより「体験談があったので、解いていて場面をイメージしやすかった」とのお声もいただきました。ご協力いただきありがとうございました。
今後検定を改善していく際にも、体験談やご意見などを募集いたしますのでご応募お待ちしております。

以下、検定の問題・解答・解説になりますので、ご覧ください。

【スキル編】

Q1.以下はリスナーの「ひろ月」さんが実際に体験したエピソードです。

ライバーさんが、リスナーにイベント参加について説明していました。その際、ライバーさんの説明がうまくわかっていないリスナーもいました。ライバーさんもどうすれば良いか困っている様子の時の、アシスタントさんの行動がとても素敵でした。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.自分からは特に説明やフォローを加えることなく、ライバーに対して「そんな説明じゃだめだよ!もっとわかりやすく説明しなよ」とリクエストをした。
2.困っていそうなリスナーにメンションして、自ら補足説明をした。
3.困っていそうなリスナーにメンションして、「何でわからないの?ちゃんと自分で理解して」と強めの口調で問いただしていた。

正解は「困っていそうなリスナーにメンションして、自ら補足説明をした。」です。

「ひろ月」さんの解説
普段から、リスナー同士でのコミュニケーションを大切にしている、アシスタントさんだからこそできたことだと感心しました。私は、ライバーさんとリスナーだけのやり取りでなく、リスナー同士が会話することにより、立体感がある配信枠になると思っています。他のリスナーと親密になり、団結することがライバーさんの応援には大事なことだと思っています。

Q2.以下はリスナーの「ゆみ」さんが実際に体験したエピソードです。

普段の配信中、古参のリスナーも初見リスナーもいろんな人が配信を楽しんでいました。ですが、Pococha初心者で何もわからないリスナーもいるようで、枠全体で楽しめていない様子も感じました。そんな時のアシスタントさんの行動が素敵で、枠全体が一致団結して応援できるようになりました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.定期を流し、質問が来たら率先して答えたり、他のリスナーとも積極的にコミュニケーションした。
2.会話についていけない初心者リスナーは配信枠にふさわしくないと考え、アシスタント中心にライバーと話して、周りのリスナーのコメント量が減るようにした。
3.初心者リスナーにはまず教育をするべきだと考え、わかっていないリスナーに対しては厳しく機能や行動を教え込んだ。

正解は「定期を流し、質問が来たら率先して答えたり、他のリスナーとも積極的にコミュニケーションした。」です。

「ゆみ」さんの解説
全てのリスナーを見てくれている気がしました。配信枠があたたかいいい雰囲気になってみんな一致団結で応援をできる状態になりました!不必要に雰囲気を荒立てたりせず、優しく一人一人に話してくれていたので、初心者リスナーの方も自然とPocochaの文化を知ることができたと思います。

Q3.以下はライバーの「Pappiness.」さんが実際に体験したエピソードです。

初見リスナーさんが視聴に来てくれることが増えてきました。ですが、初見リスナーさんへの挨拶やコミュニケーションだけに気持ちが向いてしまい、枠全体のことを考えるのが難しくなってしまいました。他にも、初見リスナーさんが枠の雰囲気や文化に合わないことをするときに、流されてしまい、枠の良さが失われそうになってしまいそうでした。そんな時にアシスタントさんがこんな行動をしてくれました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.初見リスナーが入ってきても古参ファンだけと話して、古参のファンと初見リスナーとの間で会話が生まれないようにした。
2.勝手に話す初見リスナーは放っておき、今話している内容などは共有せずに会話に入ってくるのを待った。
3.初見リスナーへの挨拶時に、枠のスタイルや大事にしていることなどを、ライバーに代わってしっかりと伝えた。

正解は「初見リスナーへの挨拶時に、枠のスタイルや大事にしていることなどを、ライバーに代わってしっかりと伝えた。」です。

「Pappiness.」さんの解説
ライバーとしては、古参リスナーさんも初見リスナーさんも、大切にしたいと思っています。でも、枠の雰囲気やスタイルは今までの配信で作ってきたものだから、初見リスナーさんはその雰囲気にも合わせて欲しいとも思っています。そんな葛藤の中、アシスタントさんの、初見リスナーさんにも古参リスナーさんにも気を配った会話は本当にありがたいです!

Q4.以下はリスナーの「なな」さんが実際に体験したエピソードです。

配信枠の中で、リスナーの誰かが落ち込んでいたり、コメントしにくかったりする人がいるときのアシスタントさんの行動が素敵だと思いました。その行動がきっかけで、コメントできずにいた人が、日を追うごとに話すようになっていて、枠全体もさらに居心地が良い優しい雰囲気になりました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.アシスタントが会話の流れを決めるべきだと考え、話しづらそうな人には構わずライバーと一対一で盛り上がった。
2.話しかけるのはライバーがやるべきことだと考え、リスナーの自分からは他のリスナーには話しかけることはしなかった。
3.話せていないリスナーのプロフィールを見て、「好きな物〇〇なの?私も〇〇が好きだよ!」と積極的な声かけをしていた。

正解は「話せていないリスナーのプロフィールを見て、「好きな物〇〇なの?私も〇〇が好きだよ!」と積極的な声かけをしていた。」です。

「なな」さんの解説
自分たちだけではなく、配信に来てくれた他のリスナーにも気を配れているのが、とっても素敵だと思いました。ライバーさんと一緒になってその方がコメントしやすいような動きをしていて、ライバーさん、アシスタントさん双方の思いや配信を大事にしている様子に、感激しました。今度からは私も、他のリスナーさんに積極的に声をかけたいなと思いました。

Q5.以下はリスナーの「たつき0 」さんが実際に体験したエピソードです。

普段の配信中、アイテムが使われた時など初心者マークのリスナーが、ベテランリスナーよりも反応が遅く何をしたらいいのか困っている様子でした。ですが、アシスタントさんの対応によって初心者リスナーも同じように配信で盛り上がることができるようになっていました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.キラコメ、追いハートや拍手回収など気軽にできる応援を定期で紹介し、自分も積極的に行動に移していた。
2.初心者リスナーにメンションして、「枠のルールは追いハートやキラコメをすることだから、したがって!」と強く指示をしていた。
3.初心者リスナーは気にせず、ベテランリスナー同士の内輪ノリを持ち出して、初心者リスナーは枠に定着しないようにした。

正解は「キラコメ、追いハートや拍手回収など気軽にできる応援を定期で紹介し、自分も積極的に行動に移していた。」です。

「たつき0 」さんの解説
定期が流れると、初心者マークのリスナーでもわかりやすく、枠の雰囲気や応援の流れに自然に入ってきやすいです!困っているリスナーに、偉そうに教えるのではなく、あくまで自然に伝えつつ自らも積極的に行動するアシスタントさんの姿をみて、真似したいと思いました!

Q6.以下はリスナーの「紅猫」さんが実際に体験したエピソードです。

ある配信中に、リスナーが枠のルールや雰囲気にそぐわないコメントをしていました。ライバーさんは困った顔をしていのですが、直接注意しづらい様子でした。その時のアシスタントさんの対応がとても丁寧で、感心しました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.雰囲気を悪くするコメントをしたリスナーに対して、注意をせず、ライバーにも確認せずに即座にブロックした。
2.雰囲気を悪くするコメントをしたリスナーに対して、まずはコメントで丁寧な口調で注意し、改善されなかった時にもう一度コメントした上でブロックした。
3.雰囲気を悪くするコメントをしたリスナーに対して、強い口調で注意し、その後配信枠の中で喧嘩腰で対応し続けた。

正解は「雰囲気を悪くするコメントをしたリスナーに対して、まずはコメントで丁寧な口調で注意し、改善されなかった時にもう一度コメントした上でブロックした。」です。

「紅猫」さんの解説
ライバーさんやリスナーの気持ち、枠の状況や雰囲気など、配信のことを広く把握しての対応でした!もし、直接すぐにブロックしていたら、枠の雰囲気が悪くなってしまうし、かといって、放っておくのもよくないし。アシスタントさんの調整能力はさすがだと思い、自分もいつか真似したいと思いました!

Q7.以下はライバーのAさんが実際に体験したエピソードです。

私はまだライバー歴が長くなく、少し先輩のライバーBさんに憧れていました。仲良くしたいと思って発言をしていたところ、あるアシスタントさんが、BさんやBさんのリスナーと親密になれる、ある行動をしてくれました。今では、お互いの枠でリスナーさんが活発にお話ししてくれて、盛り上がってくれてます。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.ライバーBさんの配信に行って、初見だったがAさんの配信を一方的に宣伝した。
2.ライバーBさんの配信に行って応援し、Bさんの良いところを学びながら、Bさんの枠のリスナーとのコミュニケーションも楽しんだ。
3.ライバーBさんの配信に行って、Aさんの配信に戻ってきて、Bさんの配信と比べてAさんの配信のダメなところを厳しく注意した。

正解は「ライバーBさんの配信に行って応援し、Bさんの良いところを学びながら、Bさんの枠のリスナーとのコミュニケーションも楽しんだ。」です。

Aさんの解説
もっと仲良くなりたいと思っていたBさんとアシスタントさんが関係性を作ってくれて、枠同士で親密な関係を作ってくれました。順番を踏まず、いきなり宣伝していたら、おそらく今のような、ライバー同士で相談しあったり、応援しあったりといった素敵な関係は築けていないと思うので、本当に感謝しています。

Q8.以下はライバーのAさんが実際に体験したエピソードです。

Pocochaで配信を続けて半年ほどが経ち、Aランクを維持していた時のことです。ライバーという職業を本気で考えSランクを目指したいと思っていましたが、それでも正直ライバーとして生きる覚悟があまり持てていませんでした。そんな時にあるアシスタントさんに相談したところ、とても勇気が湧き自分の夢に肯定的になれました。今では毎日真剣に配信に取り組めています。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.「僕はAさんの意思を尊重するもしライバーとして今後も続けるなら、夢を応援したいと思っている」と声をかけて、実際に夢を追うためにもっとコアファンを増やそうと行動した。
2.「正直、ランクが上がってしまうとリスナーの負担は増える。大人なんだから、夢を追うんじゃなく現実的に考えてほしい」と声をかけ、他のリスナーの賛同を集めようとした。
3.「どっちでもいいけど、ライバーのうちはアシスタントさせてね。というか、僕のやり方をもっと聞いてくれれば、もっと稼げるとは思うけど」と声をかけ、具体的な足りない部分を指摘した。

正解は『「僕はAさんの意思を尊重するもしライバーとして今後も続けるなら、夢を応援したいと思っている」と声をかけて、実際に夢を追うためにもっとコアファンを増やそうと行動した。』です。

Aさんによる解説
私の今の状態を真剣に考えてくれて、考えも尊重してくれました。何より、ライバーとしてより、一人の人間として自分のことを見てくれ、その上で応援してくれていることに本気で感激しました。今でもこの時の言葉が、辛い時やうまくいかない時の指針になっています。

Q9.以下はライバーのAさんが実際に体験したエピソードです。

私は今Pocochaで配信をして1年くらいが経ちます。ある程度やり方がわかってきて、高ランクにも挑戦できるようになり、コアファンも増えました。1Kのコアファン特典としてリスナーさんのお名前を書いて壁に貼っているのですが、あるリスナーさんのことを見逃していました。その配信中のアシスタントさんのコメントで、何とか枠の雰囲気も悪くならず、うまくいきました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.「〇〇さんもコアファンになってくれたよね!これからも一緒に応援していこうね!」と、ライバーに指摘しつつリスナー同士でコミュニケーションをとった。
2.ライバーにメンションを飛ばして、「〇〇さん忘れてるよ。コアファンになってくれたんだから、もっと大事にしなきゃだめじゃん。」と強く指摘した。
3.「〇〇さん忘れられてるじゃん。あーあ。」とリスナーをいじり、ライバーを非難するコメントをした。

正解は『「〇〇さんもコアファンになってくれたよね!これからも一緒に応援していこうね!」と、ライバーに指摘しつつリスナー同士でコミュニケーションをとった。』です。

Aさんの解説
見逃していた私が悪いのですが、その場で優しく教えてくれ、またリスナーさんともコミュニケーションをとってくれたので、いい雰囲気のまま配信することができました。もしその場で、強い言葉が飛び交ってしまうとお互い気分が悪くなるかもしれないので、丁寧で優しい言葉がけは本当にありがたいです。

Q10.以下はリスナーの「ナポヤ/師匠しか勝たん」さんが実際に体験したエピソードです。

普段の配信の時に、アシスタントさんの行動をみて、自分がもしアシスタントになったらこんな人たちになりたいと思いました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.ライバーが自分のコメントをうまく拾えなかった時に、会話の流れに逆らって、もう一度自分の会話を広げるようコメントした。
2.アイテムでの応援を自分から行い、他のリスナーも応援しやすい流れを作っていた。
3.普段の配信の中で、アシスタント同士での長文のメンションばかりが飛び交っていた。

正解は「アイテムでの応援を自分から行い、他のリスナーも応援しやすい流れを作っていた。」です。

「ナポヤ/師匠しか勝たん」さんの解説
アシスタントさんが、ライバーもリスナーも居心地よく過ごせる環境をいつも作ってくれています。応援に関しても、他のリスナーが乗りやすいタイミングで、自分から盛り上げてくれるので、自然と枠の雰囲気がよくなります。ライバーさんが、頼みにくいことを率先して行う姿勢は見習いたいです。

Q11.以下はライバーのAさんが実際に体験したエピソードです。

ある配信中に、複数のリスナーさんから「Aちゃんは話すの苦手だもんね。」と言われ、少し落ち込んでしまいました。確かにいつも、話すのが遅く、リスナーさんにも申し訳ないと思っています。普段は、軽めのいじりなら受け流し他の話題にいくのですが、その日は「ライバーなら話す練習をした方がいい!」と強めの指摘を受け、悲しくなってしまいました。そんな時のアシスタントさんの行動に救われました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.「そんなにAちゃんの配信が嫌なら、他の配信に行けば?ライバーに指摘するなよ」と、リスナーに対して語気の荒いメンションを飛ばして怒った。
2.「ゆっくりな話し方をしてくれるから、むしろ心が和むよ!」とコメントしてくれて、他のリスナーに別の話題を振った。
3.「Aちゃんはライバー向いてないから練習しなよ!まず話し方からしっかりしなきゃ、リスナーが離れちゃうよ」と、コメントした。

正解は「ゆっくりな話し方をしてくれるから、むしろ心が和むよ!とコメントしてくれて、他のリスナーに別の話題を振った。」です。

Aさんによる解説
配信の枠を壊さず、さらに私へのフォローを忘れない姿勢に、本当に救われました。ポジティブなコメントをしてくれると、心が軽くなるしまた頑張ろうと思えます!自分の個性も大事にしつつ、リスナーさんみんなが楽しい配信をこれからも作っていきます。

Q12.以下はライバーの「◎初本瑞穂☺︎☆」さんが実際に体験したエピソードです。

まだ配信を初めてまもないころ、ファミリーで私が写真を投稿した際、あるリスナーさんが、写真についてダメ出しをしてきたので、どう返そうか困っていました。枠の雰囲気が悪くなるのは避けたいので、直接的な注意はよくないと思っていました。その時の、アシスタントさんの誰も困らない言葉がけで、枠の雰囲気が逆によくなりました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.「せっかく投稿してくれたのだから、批判するのはまちがっていると思います。謝ってください」と強めにコメントした。
2.「それは好みの問題じゃないですか?僕はこの写真も可愛いと思います(よだれが垂れてる絵文字)」とコメントしてくれた。
3.「たしかにこの写真はないかな 笑もう少し良い写真を使いましょう。」と私に向けて、指摘コメントをした。

正解は『「それは好みの問題じゃないですか?僕はこの写真も可愛いと思います(よだれが垂れてる絵文字)」とコメントしてくれた。』です。

「◎初本瑞穂☺︎☆」さんの解説
直接的に注意する訳でもなく、私の写真も肯定してくれて、なおかつファミリーが嫌な雰囲気にならないようにすこしふざけたようなコメントでした!私もその後「2人の好みが知れてよかった!笑」とコメントし、嫌な雰囲気にまったくならなかったのが、大変良かったと思います。

Q13.以下はリスナーの「ヒロG」さんが実際に体験したエピソードです。

応援しているライバーさんが、メーターがクリアできなさそうで、とても困っていました。そのライバーさんは、ランクを維持したいと思っており、どうしても今週はメーターをクリアしたいようでした。しかし、ライバーさんが自らアイテムを使ってほしいと頼めそうでもありませんでした。その時のアシスタントさんの行動によって、他のリスナーも自然に応援できるようになりました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.アイテムを使っていない他のリスナーにアイテムを使うように強く言った。
2.アシスタントが自らアイテムでリードしつつ、アイテム応援の流れを作り他のリスナーにも呼びかけていた。
3.今回はメーターの維持を諦めようと、ライバーを説得した。

正解は「アシスタントが自らアイテムでリードしつつ、アイテム応援の流れを作り他のリスナーにも呼びかけていた。」です。

「ヒロG」さんの解説
他のリスナーを巻き込みながら、自分から率先して応援する姿を見せてくれると、枠全体が盛り上がって良いなと思いました。その結果、メーターを維持できて、ライバーさんは感動して泣いていて、よく覚えています。その上で、アシスタントだからと横柄にはならず、ライバーさんが求めていることを答えてあげて、支えている姿を真似したいと思いました。

Q14.以下はリスナーの「まっきー」さんが実際に体験したエピソードです。

配信中に、エールの仕組みや応援ポイントがよくわからないという話題になったことがありました。自分も正直よくわからなかったですし、他のリスナーも気になっていたようです。その次の配信までにやってくれたアシスタントさんの行動が素敵で、そのあとはさらに一致団結して応援できるようになりました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.ファミリーに表を自分で作って張り出してくれ、わかりやすく教えてくれた。
2.アシスタントだけがわかれば良いからと、詳しくは教えてくれなかった。3.「そんなこともわからないの?」といい、自慢げに解説した。

正解は「ファミリーに表を自分で作って張り出してくれ、わかりやすく教えてくれた。」です。

「まっきー」さんの解説
わざわざ表まで作ってみんなが分かる様にしてくれた事が素晴らしいと感じました。その結果、みんながコアを早く取る事の大切さや、エールボーナスを意識してアイテムを使ってくれる様になりました。ライバーのランクアップだけではなく、他のリスナーの不安点を解消して、枠全体の団結力をさらに高めてくれました!

Q15.以下はライバーの「桜美りす」さんが実際に体験したエピソードです。

Pocochaにある程度慣れてきたときに、ランクをあげることにとらわれてしまい、とても焦ってしまいました。多くのアイテムを使ってくれる人を大切にしなくては、と思って、他のリスナーさんとのコミュニケーションをおろそかにしてしまいました。そんな時、アシスタントさんの言葉がけで目の前のリスナーさんを大事にしようと思い直しました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.「自分の指示に従えばうまくいくから」と言って、自説を展開した。
2.ランクが上がらないことで、自分も機嫌が悪くなり配信に来なくなった。3.「アイテム応援の額が大きいからといって、自分にあまり気を使わなくていいよ!一緒にコアファンを一人ひとり大切にしていこう」と安定したファミリーの基盤を作っていくことを優しくうながしてくれた。

正解は『「アイテム応援の額が大きいからといって、自分にあまり気を使わなくていいよ!一緒にコアファンを一人ひとり大切にしていこう」と安定したファミリーの基盤を作っていくことを優しくうながしてくれた。』です。

「桜美りす」さんの解説
ランクが上がらない時でも、毎日会いにきてくれて応援してくれるリスナーさんがいてくれること、自分の配信を喜んでくれる人がいてくれることに改めて気づかせてくれました。ランクに目が行きがちなのは、ライバーとしてしょうがないことかもしれないけれど、まずは目の前のリスナーさんと楽しい空間を作ることを第一にしています!

Q16. 以下の選択肢のうちで、正しい情報はどれでしょうか?

1.5文字未満のコメントや「わっしょい」では、コメントにカウントされず応援ポイントに反映されない。
2.「追いハート」や「追いコメント」を使用すれば、普段よりも応援ポイントが上がる。
3.Pocochaの締め時間は、13:00、22:00、24:00の3つから選択できる。

正解は「Pocochaの締め時間は、13:00、22:00、24:00の3つから選択できる。」です。

解説
1や2のような仕様はありません。詳しくは、Pococha公式から公開されているnote「追いハートで応援ポイントが上がるってホント!? #プロデューサーQA 〜応援ポイント編〜」をご覧ください。

Q17.以下はリスナーの「ヤギ☆ヒロシ」さんが実際に体験したエピソードです。

自分がアシスタントをしているライバーさんが、おしのび配信をしていました。自分ともう一人のアシスタントが一緒に枠で初見リスナーを待っていました。それでも、あまり初見リスナーはきてくれず、ライバーさんが弱音をはいていました。そんな時のもう一人のアシスタントさんの行動がとっても素敵だったんです!
アシスタントの行動として、「ヤギ☆ヒロシ」さんが素敵で真似したいと思ったのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.ライバーを励まし、ユーモア溢れるタグをつけて初見の人が少しでも多くくるように支え続けた。
2.「どうせもう新しくリスナーは来ないでしょ。私は抜けるね」と、ライバーが配信を終えていないのに配信を抜けた。
3.推しのライバーに人が来てくれず、不機嫌になったので、少しだけきてくれてる初見リスナーに対しても冷たく対応した。

正解は「ライバーを励まし、ユーモア溢れるタグをつけて初見の人が少しでも多くくるように支え続けた。」です。

「ヤギ☆ヒロシ」さんの解説
さらにその後、タグの拍手回収やタグ検索から入ってくれた初見さんとの会話がとても弾みました!楽しい雰囲気で配信を終えることができ、結果的に多くのリスナーを呼び込むことができました。ライバーさんが気持ちよく、少しでも長くやれるような雰囲気作りや、背中を押せるようなユーモア溢れたタグやコメントできる力が欲しいですね。

Q18.以下はライバーの「Mr.ひできち」さんが実際に体験したエピソードです。

ランクが上がってもっと頑張らないといけないと感じていたときに、仲良くしている他のライバーの枠に行ったが、多少いざこざが生じてしまいました。プレッシャーも感じ、人間関係にも少し疲れ、精神的に落ち込んでいました。どうしても耐えられず、配信を休みアシスタントさんに弱音をはいた時に、いただいた言葉で、安心することができました。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.「しんどいかもしれないけど、リスナーだって毎回応援してるんだから責任持ってがんばってよ」といった。
2.「よくわからないけど、結局どうしたいの?」と、理解を示してくれず、話もよく聞いてくれなかった。
3.「落ち着いたらまた配信するのがいいよ。今は一旦休もう。」と言ってくれ、自分のプロフィールには応援する旨を書き直してくれていた。

正解は『「落ち着いたらまた配信するのがいいよ。今は一旦休もう。」と言ってくれ、自分のプロフィールには応援する旨を書き直してくれていた。』です。

「Mr.ひできち」さんの解説
ライバーが落ち込んだり、体調を崩したりした時に、理解してくれ、優しい言葉をかけてくれるだけで、とても安心できます。ライバーもどうしてもしんどくなる時はあります。そんな時にきつい言葉で応援されても、逆に信頼関係をなくし、配信に前向きになれないことにつながるかもしれません。

Q19.以下はライバーの「薬屋nonちゃん」さんが実際に体験したエピソードです。

私は、自分の用事や忙しさもあり、時々お休みをもらいたいと思っています。でも、Pocochaの仕様上、継続的にお休みしたり、配信を減らすことは不安で、メンタル維持が難しかったです。そんな時にかけてくれたアシスタントさんの言葉で、安心感を感じ、自分のペースで配信を頑張ろうと気持ちを切り替えられました!
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.「少し無理してでも配信を続けることが第一だよ」と、もっと頑張るように強く言ってきた。
2.「どんな状況でもいつまでも応援しているよ」と優しい言葉をかけてくれた。
3.「他の配信行っちゃおうかな」と不安にさせてくる言葉を送って危機感をもたせた。

正解は『「どんな状況でもいつまでも応援しているよ」と優しい言葉をかけてくれた。』です。

「薬屋nonちゃん」さんによる解説
枠の良い所に改めて気づかせてくれたり、自分を心から応援してくれたりする言葉は、ライバーにとっては本当に宝物です、自分のリスナーさんを信じてお休みできる安心感や自信をいただきました。そして信頼がポコチャというアプリを通じて、これほどまで繋がったんだと感動しました。

Q20.以下はリスナーの「EMILIAN」さんが実際に体験したエピソードです。

夜の締め時間が過ぎて、ファミリーのみんなが好きな深夜のまったり雑談配信で、リスナーとライバーさんが仲良く話していた時の出来事です。初見さんが、あるYouTuberを装って撮影等をほのめかし、花火や馬車を今すぐにでも使いますというようなコメントを残しました。ファミリーで居心地よく過ごしていた時間に、少し怪しさを感じるリスナーが登場し、困惑していたときの、うちのアシスタントさんの行動が大変素敵でした。
アシスタントの行動として正しいのはどの行動でしょう?最もふさわしいものを以下の選択肢から選んでください。

1.自分から花火を使って、「一緒に盛り上げよう!」と枠を巻き込んで盛り上げつつ、怪しげなリスナーは無視した。
2.初見リスナーを、ライバーに相談せずに即ブロック、通報した。
3.「今はファミリーみんなで過ごす時間だから、荒らしなら出ていって!」と強い口調で初見リスナーに警告した。

正解は「自分から花火を使って、「一緒に盛り上げよう!」と枠を巻き込んで盛り上げつつ、怪しげなリスナーは無視した。」です。

「EMILIAN」さんの解説
冷やかし的なリスナーや、荒らし行為でライバーさんを惑わす事をするリスナーが後を絶たないのですが、この時機転を利かせて先にアイテムを使ってくれたので、枠の雰囲気が悪くならずに上手く対処できました。そして問題のリスナーは静かに配信を離れていきました。ファミリーのみんなもライバーさんも拍手喝采で枠が盛り上がりました。この様な状況でしてはいけないな、と思うことは、荒らしかもしれないリスナーに対して、頭から決めつけて注意したり無視するの行為です。また、ライバーさんに任せてただ見守るだけだと、少し頼りないなとも感じます。

【マインド編】

Q21. 「困ったときは」は以下の選択肢のうち、どこからアクセスできるでしょうか?

1.アプリ内TOPバナー
2.ファミリー画面
3.タグ検索画面

正解は「アプリ内TOPバナー」です。

解説
「困ったときは」は、アプリ内TOPバナーなどからアクセスができます。
※この設問は、当初「プロフィール画像」も選択肢に含まれていました。受験者の方から、プロフィール画面からも「困ったときは」へと遷移することができるとのご指摘をいただき途中で修正を加えました。「プロフィール画面」が選択肢に入っており、混乱させてしまった方にお詫び申し上げます。なお、修正を加える前にプロフィール画面を選択した方は「正解」として点数を加算しておりますのでご安心ください。

Q22. 【アシスタントの心得】以下のアシスタントの行動のうち、「アシスタントの心得」に適していないものを1つ選びましょう。

1.”配信枠のリーダー”としてライバーの一歩前に立ち、配信枠の方針を決めよ2.”自分の欲望”より”ライバーの意思”を尊重せよ
3.リスナーに上下関係なし! 自らも”良きリスナー”であれ
4.”知識の押し付け”ではなく”迷える人の手助け”をせよ

アシスタントの心得に適していないものは「配信枠のリーダー”としてライバーの一歩前に立ち、配信枠の方針を決めよ」です。

解説
「アシスタントの心得」は、詳しくはこちらからご覧いただけます。あくまで、ライバーを尊重し、1人のリスナーとして、サポート役に回る。そんなアシスタントがライバーからもリスナーからも讃えられるはずです。
※この設問のみ、「適していないもの」を選ぶ問題でしたので受験者の皆さんを混乱させてしまったかもしれません。次回以降の検定では、「適していないもの」のように太文字で強調するなど、改善する予定です。

Q23. 【アシスタントの心得】以下の選択肢のうち、アシスタントの心得に適する言動を1つ選んでください。

1.ランクや出場イベントについて、ライバーの意思を無視して方針を決めようとする。
2.ライバーが決めた配信枠の方針のもとで、ライバーをサポートする。
3.「〜の歌を歌ったほうがいい」「〜の服装をしたほうがいい」などアシスタントの意思を押し付ける。

正解は「ライバーが決めた配信枠の方針のもとで、ライバーをサポートする。」です。

解説
アシスタントはあくまでライバーを「アシスト」する役割です。アシスタント自身が配信枠の方針を決定することは控え、ライバーの思いに耳を傾けて配信枠の方針を理解しましょう。詳しくは「アシスタントの心得」をご覧ください。

Q24. 【アシスタントの心得】以下の選択肢のうち、アシスタントの心得に適する言動を1つ選んでください。

1.「これだけ時間をかけて応援しているんだから〜というリクエストを聞いてほしい」とアシスタントとしての行動に対してライバーからの見返りを求める。
2.配信枠の中でライバーからもリスナーからも頼りにされる役割を、自分自身楽しくつとめる。
3.「〜をしてくれないなら応援しないよ」などと応援行動を盾に要求を通そうとする。

正解は「配信枠の中でライバーからもリスナーからも頼りにされる役割を、自分自身楽しくつとめる。」です。

解説
アシスタントをしていることや応援に対して見返りを求めることは避け、ライバーやファミリーを支えること自体を楽しみましょう。詳しくは「アシスタントの心得」をご覧ください。

Q25. 【アシスタントの心得】以下の選択肢のうち、アシスタントの心得に適する言動を1つ選んでください。

1.ひとりのリスナーとして配信枠を楽しみ、他のリスナーの応援に関しても尊重する。
2.「○時に見に来ないとダメだ」「○コイン分アイテムを使って」など、他のリスナーの応援の仕方に指図する。
3.「アシスタント経験のある自分の言っている意見が正しい」など他のリスナーよりも、アシスタントの意見を尊重するよう求める。

正解は「ひとりのリスナーとして配信枠を楽しみ、他のリスナーの応援に関しても尊重する。」です。

解説
アシスタントという役割を持っていてもあくまで「1リスナー」です。他のリスナーに対してフェアな態度で接し、他のリスナーと比べてアシスタントに対する特別扱いを求めないようにしましょう。詳しくは「アシスタントの心得」をご覧ください。

Q26. 【アシスタントの心得】以下の選択肢のうち、アシスタントの心得に適する言動を1つ選んでください。

1.「コメントが読めていない」「リアクションが悪い」など、ライバーや他のリスナーを叱責する。
​​2.相手が求めていないタイミングで知識をひけらかす。
3.小さなミスや誤解があっても、誰に対しても優しく伝え、枠の雰囲気がよくなるようにする。

正解は「小さなミスや誤解があっても、誰に対しても優しく伝え、枠の雰囲気がよくなるようにする。」です。

解説
求められていない場面で、むやみに知識を披露することは避けましょう。困っている人がいるときにこそ、アシスタントとしての豊かな知見を活用するようにしましょう。また、ライバーやリスナーの間違いを訂正するときは言い方やタイミングを意識しましょう。詳しくは「アシスタントの心得」をご覧ください。

Q27. Pocochaにあるマナーや雰囲気、楽しむためのコツを集めて言葉にしたものは、以下の選択肢のうちどれでしょうか?

1.コミュニティハンドブック
2.ルールブック
3.アシスタントの心得

正解はコミュニティハンドブックです。

Q28. 【コミュニティハンドブック】配信枠全体でのコミュニケーションに関する問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.自分のコメントが誰かを傷つけても、それがライバーでなければ構わない。
2.ライバーと話に来ているので、他のリスナーとコミュニケーションを取る必要はない。
3.自分のことだけ話すのではなく、他の人のコメントにも反応する。

正解は「自分のことだけ話すのではなく、他の人のコメントにも反応する。」です。

解説
配信枠全体のことを考えコミュニケーションや応援をしましょう。詳細は「コミュニティハンドブック リスナーとして配信枠の中での素敵な行動 配信枠の仲間への思いやりと感謝を持ち共にライバーを応援しましょう」をご覧ください。

Q29. 【コミュニティハンドブック】配信枠内の団結を高めるコミュニケーションに関する問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.コメント数や視聴時間が一番大切なので、自分のコメント数や視聴時間を他のリスナーに誇る。
2.ライバーの目標を達成するために、大きなアイテムを使わないリスナーを非難しても構わない。
3.配信枠の個性やルールに従い、コミュニケーションによって配信を盛り上げる。

正解は「配信枠の個性やルールに従い、コミュニケーションによって配信を盛り上げる。」です。

解説
ライバーや他のリスナーと一緒に枠を盛り上げみんなで居心地よい空間をつくりましょう。詳細は「コミュニティハンドブック リスナーとして配信枠の中での素敵な行動 配信枠の団結を深めましょう」をご覧ください。

Q30. 【コミュニティハンドブック】他の配信枠に関する問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.推しライバー以外の配信枠では、言葉遣いに気を配る必要はない。
2.推しライバー以外の配信枠でも、積極的にリスナーとコミュニケーションをとる。
3.推しライバー以外の配信枠では、ぽこボックスを取るためだけの行動をしても構わない。

正解は「推しライバー以外の配信枠でも、積極的にリスナーとコミュニケーションをとる。」です。

解説
推しライバー以外の配信枠であっても、コミュニケーションを大切にし、一緒に盛り上げる仲間を広げましょう。詳細は「コミュニティハンドブック リスナーとして他の配信枠に対する素敵な行動 仲間の輪を広げましょう」をご覧ください。

Q31. 【コミュニティハンドブック】他の配信枠に関する問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.推しライバー以外の配信での、一方的な宣伝は許容されている。
2.推しライバー以外の配信でも、ライバーやリスナーとコミュニケーションを図り、配信の盛り上げに参加する。
3.推しライバー以外の配信で、リスナーを強く勧誘することは戦略の一つである。

正解は「推しライバー以外の配信でも、ライバーやリスナーとコミュニケーションを図り、配信の盛り上げに参加する。」です。

解説
推しライバー以外の配信枠であっても、コミュニケーションを大切にし、尊重しあえる関係を作りましょう。詳細は「コミュニティハンドブック リスナーとして他の配信枠に対する素敵な行動 他の配信枠を思いやり、尊重しましょう」をご覧ください。

Q32. 【コミュニティハンドブック】日々のコミュニケーションに関する問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.ライバーに対しての感謝を伝えることはあっても、他のリスナーに感謝を伝える必要はない。
2.ライバーや他のリスナーに感謝の気持ちを伝えることは大切なことである。
3.ライバーは楽しませるのが仕事であるので、自分を楽しませる義務があり感謝を伝えなくても構わない。

正解は「ライバーや他のリスナーに感謝の気持ちを伝えることは大切なことである。」です。

解説
ライバーや他のリスナーに感謝の気持ちを伝えることは大切なことです。詳細は「コミュニティハンドブック リスナーとして配信枠の中での素敵な行動 配信枠の仲間への思いやりと感謝を持ち 共にライバーを応援しましょう」をご覧ください。

Q33. 【コミュニティハンドブック】応援の仕方に関する問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.自分らしく応援し、自分の役割を見つけて応援を楽しむ。
2.ライバーにお願いされたので、無理に応援することをイヤイヤ続けている。
3.自分よりも応援ができるリスナーに対しては、強い言葉遣いを使って妬みを解消している。

正解は「自分らしく応援し、自分の役割を見つけて応援を楽しむ。」です。

解説
あなたが楽しいと思う応援をすることが大切です。詳細は「コミュニティハンドブック リスナーとして配信枠の中での素敵な行動 自分らしく応援を楽しみましょう」をご覧ください。

Q34. 「配信」や「コメント」「プロフィール」「ファミリーでのメッセージ」などすべての場面で、禁止されている行為が示されているのは、以下の選択肢のうちどれでしょうか?

1.ルールブック
2.コミュニティハンドブック
3.アシスタントの心得

正解はルールブックです。

Q35. 【ルールブック】サブアカウントについての問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.Pocochaではサブアカウントを作成するのは禁止である。
2.コアファンを増やすためにも、サブアカウントを作成すべきである。
3.サブアカウントを持つことはよくないが、特に禁止はされていない。

正解は「Pocochaではサブアカウントを作成するのは禁止である。」です。

解説
「複数のアカウントで本サービスを利用する行為」は禁止されています。詳しくは「Pococha会員規約 Pocochaのルール その他」をご参照ください。

Q36. 【ルールブック】Pocohaの健全な利用についての問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.アプリ内で住所や電話番号を記載するのは、個人の勝手である。
2.アプリ外で出会うことをほのめかすコメントは禁止である。
3.ライバーを一番応援していれば、デートに誘っても構わない。

正解は「アプリ外で出会うことをほのめかすコメントは禁止である。」です。

解説
「出会い目的でPocochaの利用」は禁止です。詳しくは「Pococha 困ったときは - 出会い目的での利用や、個人情報のやりとりについて」をご覧ください。

Q37. 【ルールブック】Pocohaの健全な利用についての問題です。以下の選択肢のうち正しいものを1つだけ選んでください。

1.直接個人情報を聞くのは禁止だが、個人情報を特定できるヒントを聞いたりコメントしたりすることは個人の勝手である。
2.どんな生活をしているのかわかり、会いにいくことができるので、予定を詳細に聞き出す。
3.個人情報を聞き出す行為は禁止である。

正解は「個人情報を聞き出す行為は禁止である。」です。

解説
「Pococha内での個人情報のやりとり」は禁止です。詳しくは、「Pococha 困ったときは - 出会い目的での利用や、個人情報のやりとりについて」をご覧ください。

Q38. 【ルールブック】Pococha内で規約違反行為を見かけたときの「通報機能」についての問題です。以下の選択肢のうちから正しいものを1つ選んでください。

1.対象のユーザー名またはアイコンの、プロフィール右上にある「‥‥」をタップし、「通報」をタップし、理由を書いて送信する。
2.直接運営会社である株式会社ディー・エヌ・エーに電話やメールで連絡をする。
3.対象のユーザー名またはアイコンの、プロフィール右上にある「‥‥」をタップし、「ブロック」をタップする。

正解は「対象のユーザー名またはアイコンの、プロフィール右上にある「‥‥」をタップし、「通報」をタップし、理由を書いて送信する。」です。

解説
通報の仕方については、「Pocochaルールブック 通報する」の欄に記載されています。

Q39. 【ルールブック】「通報機能」についての問題です。以下の選択肢のうち正しいものを一つだけ選んでください。

1.通報は、前後の配信や行動を調査した上で、審査基準に沿って判断される。
2.通報は、多くの人がした方が、対応が重く扱われる。
3.通報は、審査基準はなく担当者の感覚で判断される。

正解は「通報は、前後の配信や行動を調査した上で、審査基準に沿って判断される。」です。

解説
通報や審査については、「Pococha 困ったときは - 多くの人に一斉に通報されたら自動的にBANになるってホントですか?」をご覧ください。
※この設問は、当初正しい選択肢である「通報は、前後の配信や行動を調査した上で、審査基準に沿って判断される。」を選択しても、解説が表示されていました。受験者の方からご指摘をいただき途中で修正を加えました。正しい選択肢を選んでも解説がでてしまい、混乱させてしまった方にお詫び申し上げます。なお、「通報は、前後の配信や行動を調査した上で、審査基準に沿って判断される。」を選択された方に点数を加えておりますのでご安心ください。
スマホで気軽にライブ配信&視聴ができる「Pococha」の公式アカウントです✨◯Twitter→https://twitter.com/pococha_jp