Pococha(ポコチャ)公式
素直に自分の思いを伝えるまでの苦労エピソード5選!〜リスナーさんに自分の思いを伝えるにはどうすれば〜
見出し画像

素直に自分の思いを伝えるまでの苦労エピソード5選!〜リスナーさんに自分の思いを伝えるにはどうすれば〜

Pococha(ポコチャ)公式

「目標を伝えると、もっとアイテムが欲しいという意味に取られそうで言えない」「リスナーさんについてきてもらうために、自分がどう行動すればいいのかわからなかった」「リスナーさんを大事に思っているからこそ、自分の気持ちを正直に伝えられず溜め込んでいた」などの悩みを、先輩ライバーさんはどうやって乗り越えてきたのでしょうか?👀

「ライバー奮闘記」では、Pocochaのライバーのみなさんが体験された悩みや、その悩みを乗り越えたエピソードを掲載しています!

最初は目次から、体験したことがある悩みを選んで読んでみてください📣

💡記事を読んだ方へのお願い〜感想をTwitterで教えてください〜

①記事の感想を「#ライバー奮闘記」とTwitterでタグづけして教えてください📣運営からもRTします!


目標を伝えると、もっとアイテムが欲しいという意味に取られそうで言えない

・エピソード

私なりに目指す目標や作りたい配信枠がありましたが、それ伝えるということはリスナーさんに「アイテムなどで今以上に応援してほしい」と言っているのと同じことなので、なかなか伝えられませんでした。

そこで、目標を忘れないように皆で枠のスローガンを決め、「なぜそのスローガンにしたのか」「具体的に自分はどんな努力をしていくのか」をファミリーと共有してみると、アシスタントさんを中心に皆がその目標に向けて協力してくれるようになったんです。

小さな目標を皆で達成して喜びあうことで団結力も強まりましたし、何より迷った時はアシスタントさんに必ず相談しようと決めました。
それからは特に、感謝を伝えることを大切にしています。 アイテムだけでなく色々な応援スタイルがあるので、具体的にどんなことに感謝したのか、毎日の締め時間後に伝えるようにしています。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

配信枠は一人で作るものではありません。目標も辛いことも嬉しいことも、皆と共有することで良い方向に進みます。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

目標や情報をファミリーに共有し困難を共に乗り越える


リスナーさんについてきてもらうために、自分がどう行動すればいいのかわからなかった

・エピソード

リスナーさんの負担を考え、自分から「プラマイとりたい」「プラ1を狙いたい!」と言えず悩んでいました。そんなとき、リスナーさんから「ファミリー内やリスナーランキングを見て貢献度合いを見た方がいい」というコメントを受けたんです。

改めてリスナーランキングを見返してみると、私の配信が楽しくてアイテムを贈ってくださるリスナーさんや、長きに渡り私を応援してくださる方がいることに気づき、「私を本当に応援してくださるリスナーさんのためにも、私からプラ1とろう!頑張ろう!と掛け声をしなければ」と思うようになりました。自分がどうしたいのか意思表示をする大切さに気が付きましたし、リスナーさん達と努力して生まれる絆も深まりました。

ハッキリとどうしたいのか伝える意識が、自分とファミリーの団結力を向上させることへ繋がると思います。リスナーさんの日常に私がいるというのは、幸せなことです。謙虚な気持ちを忘れずに、配信枠の盛り上がりと絆を強くしていくことはとても大切だと感じました。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

上に上がりたいライバーさんは、自分の意思を伝える練習をした方がいいと思いました。 一緒に上を目指したいと思ってくれたリスナーさんが、仲間になってくれることが多いからです。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

リスナーに楽しんでもらうことを考えコミュニケーションやパフォーマンスをする

・みあさんのコメント
リスナー様との出会いは運命だということです!大事にしたいです!


リスナーさん一人一人からの応援が伸び悩み、配信枠を盛り上げるために自分なりに行動したものの、結果が伴わなかった

・エピソード

配信を始めて1年半ほど経った頃、締め時間に来てくれるリスナーさんが数名しかいなかったり、ファミリーやリスナーさん一人一人からの応援が伸び悩んだことがありました。通って下さるリスナーさんを増やしていくために、配信時間を長めにやってみたこともありましたが、あまり成果は出ませんでした。

そんな時、ライバーにも生活上の都合があるように、リスナーさん側にもPocochaを見られる時間の都合があることを学んだんです。そこで、今まで固定していた配信時間を朝・昼・夕方と、短めでも配信をしてみました。またファミリーで当日に配信時間のアナウンスをして、それぞれ来れる時間帯に来てもらうように話してみました。

すると、色んな時間帯を試してみることでリスナーさんが以前より気軽に来てくれるようになり、継続して来てくれるリスナーさんも結果的に増えたんです!

ライバー自身が配信時間を確保できる時間帯であっても、リスナーさんが同じ状況であるとは限りません。結果的に配信スタイルの変化はほぼありませんでしたが、今まで以上に配信に来てくれるリスナーさんを大切に思うようになりました。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

新規リスナーさんを増やすにはタグや注目に載るなどの努力が必要ですが、ライバー自身はそれができません。リスナーさんがタグを付けてくれたりアイテムを使ってくれたりコメントをしてくれることで、少しずつでも新しく通って下さるリスナーさんが増えていくので、焦らずゆっくりとやれたら良いと思います。

そして何より、自分の中にある、自分の配信スタイルはブレないようにしていくべきだと思います。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

目標や情報をファミリーに共有し困難を共に乗り越える

・ちいさんのコメント
配信を始めてもうすぐ2年になりますが、私の目標とする場所は最初から決まっています。今まで何度も壁にぶち当たり、その都度ファミリーさんに自分の思いを伝えてきました。しかし焦っても目標を達成できるわけではないので、まずは土台を作り、今いてくれているリスナーさん、そしてこれから出会うリスナーさんと一緒にいつかこの目標を達成しようねとお互いを高め合えたら、とても理想的な配信枠になると思います。


リスナーさんを大事に思っているからこそ、自分の気持ちを正直に伝えられず溜め込んでいた

・エピソード

「ライブ配信は、リスナーさんがいて成立する」。だからこそ、配信枠に遊びに来て時間を共有してくれるリスナーさんを非常に有難く思っています。 しかし有難いリスナーさんでも、時には私が苦手とする話や、心無い発言をされることもあります。 そんな時も「来てくれることが有難い」「私が上手く返答できれば場の空気も凍らない」と考え、我慢して過ごしていました。

ところがある日、心無い発言に対し私がいつものように笑っていると、別のリスナーさんが代わりに怒ってくれたのです。その時初めて「私が我慢すれば良いわけじゃない。それを見た他のリスナーさん方も嫌な思いをしているんだ」と気付かされました。

我慢するほど嫌なことなら、素直に伝えていく。そんな素直で我儘な配信スタイルを私の枠では大切にしようと決め、今後は素直になるとリスナーさんに伝えました。 以前より身勝手で我儘なライバーになるので、離れていくリスナーさんもいるだろうと覚悟を決めていました。

しかし「素直な方が安心する」「もっと言っていこう」と多くのリスナーさんから温かいお言葉を頂いたことで 私自身もストレスが減り、配信をより一層全力で楽しめるようになりました。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

嫌な発言に対し、声に出して素直な気持ちを伝えてみてください。リスナーさんは、意外とライバーが不快に思っていることを知らないだけだったりします。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

自分らしいスタイルで配信する

・のいぬさんのコメント
素を出すことで「こっちの方が良い」と肯定してくれるリスナーさんも現れる、我慢や無理はリスナーさんに伝わる、という点に共感し、悩み解決の参考になると考えました。


締め時間に来てくれるリスナーさんが少なくなってしまった

・エピソード

配信を始めて一年くらい経った当時、配信の締め時間に来てくれる人が少なくて悩んでいました。でも「締め時間に来てと伝えることが、メーター維持のためにアイテムをくださいって意味に取られたらどうしよう」と考えてしまい、言えなかったんです。来てくれるリスナーさんにばかり負担があるように感じて、そのこと自体が徐々に私自身の気持ちの負担になっていきました。

だけどある時、「締めの時間にいてほしい理由はどんな結果であろうと皆と気持ちを分かち合いたいから」だと気づいたんです。マイナスでも一緒に悔しがってくれるファミリーがいたら支えになるし、プラスをとればその大きな喜びを1人でも多くの人と分かち合いたいと思いました。

そこで皆に「締めの配信に来てほしい!」「頑張る姿を見てほしい!」と思い切って伝えてみました。締めの配信に来てほしい気持ちを示すために、締めの時間だけは朝や昼と雰囲気を変えて服装やメイクに時間をかけたり、締め前の30分間は毎日違う曲でセットリストを作りライブハウスのような魅せる配信を意識したりしました。

その結果、アイテムでの応援を意識しすぎることなく、「楽しみたいから」「夜の配信が明日の活力になるから」「皆でひとつになって燃え上がりたいから」というような理由で来てくれるリスナーさんが増えたんです。 拍手回収やいいねの数が増え、配信の人数が増えたことで締め時間が盛り上がるようになりました。

伝えることは少し怖いかもしれません。でもそれは心が離れてしまうことが怖いからで、それだけリスナーさんを大切に思っている証拠でもあります。その気持ちがあれば、きっとお互いに離れていくことはありません。本当の気持ちを伝えてもそばにいてくれる人が、その先もそばにいてくれる人なのだと思います。


・同じ悩みを抱えたライバーさんへのメッセージ

気持ちを隠してたくさんの人にそばにいてもらうよりも、気持ちを伝えてもそばにいてくれる本当の繋がりを大切にすると、心が強くなれると思います。 自分のことを強く思ってくれる人が1人でもいれば、その思いを胸に前を向いて進んでいけるのではないでしょうか。本当の気持ちを伝えることで、一緒に前を向ける相手が見つかるのではないかと思います。


・同じ悩みを抱えたライバーさんの参考になる素敵な行動

リスナーと一緒に配信枠を盛り上げみんなで居心地よい空間をつくる

・サンディさんのコメント
みんなで空間を作ることの大切さを感じています。心ひとつに同じものを目指せることが配信の素晴らしさじゃないかと思います!

まとめ

最後に、これまで紹介した5人のライバーさんのメッセージをまとめます!

エピソードは以上となります!ご応募いただいた皆さん、ありがとうございました😀

今後もライバー奮闘記のエピソード募集を実施予定ですので、みなさんのエピソード投稿をお待ちしております📣

募集の際はアプリ内お知らせにお送りします!

また、Twitterでも #ライバー奮闘記 とタグづけして感想を教えてください!📣運営もRTします!
下記のリンクからツイートできます♪

もっとライバー奮闘記を読みたいと思った方は是非、こちらの記事も読んでみてください♪


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Pococha(ポコチャ)公式
スマホで気軽にライブ配信&視聴ができる「Pococha」の公式アカウントです✨◯Twitter→https://twitter.com/pococha_jp