見出し画像

ライバーさんを応援するファミリーの奮闘エピソード8選!~新しいリスナーさんが定着しない・・・~

Pococha(ポコチャ)公式

「配信枠の活気が乏しくなり、新しいリスナーさんもなかなか増えなかった」
「締め時間になるとアシスタントや一部の決まったリスナーだけになってしまう状況が続いていた」
「ライバーが自分の本音をファミリーメンバーに共有できずにいた」
などの悩みを、ファミリーはどうやって乗り越えてきたのでしょうか?👀

「ファミリー奮闘記」では、Pocochaのライバーさんとそのファミリーが体験された悩みや、その悩みを乗り越えたエピソードを掲載しています!

最初は目次から、体験したことがある悩みを選んで読んでみてください📣

💡記事を読んだ方へのお願い〜感想をTwitterで教えてください〜

①記事の感想を「#ファミリー奮闘記」とTwitterでタグづけして教えてください📣運営からもRTします!
下記のリンクからツイートできます♪


配信枠の活気が乏しくなり、新しいリスナーさんもなかなか増えなかった

  • エピソード

頻繁に配信枠に来て積極的に応援をしていたリスナーさんたちが来なくなってしまい、配信枠の盛り上がりや活気が乏しくなり、新しいリスナーさんもなかなか増えないという状況がありました。

そこで配信枠全体で、初見リスナーさんに対して適度な距離感でコミュニケーションを取りながら、一緒に楽しめるように取り組み始めました。また、ファミリーの中でも、外向担当、内向担当、ご新規フォロー担当、盛り上げ担当などの役割分担ができたことで、団結力が高まりました。

少しずつ新規リスナーさんたちが定着し始め、以前配信に来てくれていたリスナーも戻ってきてくれることが増えました。ライバーさんも気持ちよく楽しい配信ができるようになり、配信枠全体も団結力が高まり、初見リスナーさんに温かい接し方をすることでファンも増加し、面白く活気のある配信になりました。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

悩んだときは抱え込まず、みんなで話し合いをすべきです。問題を共有し、なるべく早い段階で解決できるようにしましょう。悩んだときは1人で考えるな、頼もしいみんながついてるぞ!


締め時間になるとアシスタントや一部の決まったリスナーだけになってしまう状況が続いていた

  • エピソード

応援しているライバーは、S1帯をキープすることができていましたが、締め時間になるとアシスタントや一部の決まったリスナーしかおらず、締め時間の後に他のリスナーが戻ってくるような状態が1年以上続いていました。積極的に応援していたリスナーさんも、応援することが難しくなってやめてしまったり、ライバーの呼びかけに応えるファミリー自体も減少しているような状況でした。

そこで、まずはおしのび配信をして、新規リスナーを増やそうということになりました。そのとき来てくれたあるリスナーから「アシスタントは、ファミリーみんながするものだよ」と言われたことをきっかけに、アシスタントからタグつけやいいね、コメントなどを今まで以上にファミリーに呼びかけた結果、数ヶ月で多くのリスナーが配信枠に来てくれるようになりました。

また、ライバーの不安がなくなり生き生きとした配信をしてくれることで、楽しい雰囲気の配信枠になりました。ファミリー、リスナー、ライバーが一つの目標のために頑張ってきたからこそ実現したことだと思います。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

アシスタントはファミリーみんなでやることで、越えられない山も越えられるようになります!


ライバー1人では初見リスナーさんへ対応しきれず、そのまま退出してしまうことが多かった

  • エピソード

配信中に初見リスナーが入室したときに、ライバー1人では対応しきれず、そのまま退出してしまうケースがありました。当時は、「いらっしゃいませ」というコメントだけをしていましたが、ライバー以外も対応できるように定期コメントが必要だとなりました。

そこで、初見リスナー用に定期コメントを作成し、配信中に流すようにしました。また、その文面の改善案について、ファミリーに意見を求めました。内容や文章の長さ、実際の読みやすさや見え方など、みんなが意見を出し合って完成させました。

それにより、初見リスナーが入室された際に、ライバーさんだけではなくリスナー同士でも対応することができるようになりました。初見リスナーが増えて、コアファンも増えました。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

初見リスナーに対して、ライバーとリスナーが、いかにこの配信枠が魅力的かを短時間で伝えられることがリスナーを増やすのに重要だと思っています。

それは、ライバー1人だけではできませんし、もちろんリスナー1人だけでもできません。ライバーとリスナーが協力しあって考えていかないといけないのだと感じています。


ファミリーでのコメントが少なく、活気の乏しい状態が続いていた

  • エピソード

とあるリスナーさんから「ファミリーの書き込みが多い」という指摘があり、ライバーさんもリスナーさんへの迷惑にならないようにと最低限の書き込みしかしていませんでした。そのため、書き込むリスナーさんもどんどん少なくなってしまいました。他の配信枠に比べてもコメント数が少なく、過疎化している状態でした。

そこで自分のファミリーに対する考えをライバーさんに伝えたところ、ライバーさんも同じ気持ちだったため、ファミリー活性化を目指すことになりました。

具体的には、ライバーさんが自分の想いを発信し、アシスタントさんはその想いに枝づけするようなコメントをしました。リスナーさんは朝や配信終了後の挨拶、その日の出来事を発信してもらうことを繰り返しました。

最近は、リスナーさんから積極的にファミリーに書き込んでくれるようになっています。リスナー同士の会話も増えて、楽しい配信枠になりました。ライバーさんも楽しんでくれているし、だからこそリスナーさんも楽しめる、という理想の形ができています。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

ライバーさんだけで配信枠を盛り上げるわけではありません。リスナーさんが楽しそうな配信枠は居心地がいいなと感じるので、自分の想いや考え方を共有して、ライバーさんとリスナーさんが一緒に楽しめるのが素敵な配信枠だと思います。


ライバーが自分の本音をファミリーメンバーに共有できずにいた

  • エピソード

応援しているライバーさんが配信開始から2周年を迎えて、その記念として大きなイベントに出場することが続きました。その期間は楽しめたものの、翌月以降ランク維持がうまく行かず、メーターも落とすことが増えてしまいました。

はたから見ていると、ライバーさんはできるだけ高ランクを維持したいと思っているように感じましたが、それを言うと欲張りだと思われそうで本音を言えないのではないかと思いました。

そこで、メーターを楽しく上げるために、ゆるい雰囲気でイベントに参加することにしました。”イベントのボーダーをクリアする”や”一つでも上の順位を目指す”など、目標を無理のない範囲でわかりやすく設定しました。

また、その配信でライバーさんからプラスを取りたいという気持ちも聞くことができました。その結果、イベント終了後の締め時間では、メーターがプラスになるかもしれないところまで持っていくことができました。

それからは、ライバーさんと一緒にメーターを意識して、自分ができることを考えるメンバーが増え、配信枠全体で同じ方向を向けるようになったと感じています。「自分がなんとかする」ではなく、「みんなが楽しみながら目標を達成する」という考え方が、ランク維持のためには重要になってくると学びました。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

ライバーさんはもちろん、リスナーさんも毎日のメーター管理に悩むことがあると想います。大切なのは、その悩みを1人で抱えるのではなく、みんなで共有することです。ライバーさんもリスナーさんも両者とも納得できる形で楽しく配信を続けられるのが一番なので、ぜひ少しの勇気を出して一歩踏み出してみてください。


S帯を目の前になかなか上がれず、応援者もなかなか増やせず、手詰まり感があった

  • エピソード

応援しているライバーさんは、毎日のメーター管理に苦戦をしていて、ランクを落としてしまったことがありました。ファミリーの人数はそこそこいましたが、締め時間に集まるリスナーさんたちが少なく、マイナスになるのを見ているだけのような状態でした。

そこでライバーさんはイベントに参戦する際に、ファミリーに自分の考えをしっかりと伝えて、協力を得られる実感を持てたイベントに参加するようにしました。リスナーさんたちも、応援が苦しい場合は正直に伝えて、無理のないイベントに参加するようになりました。

自分はライバーの相談に乗りながら、イベント中は楽しい雰囲気になるように、タグつけや応援の仕方を工夫するようにしました。次第に新しい仲間が増えて、より楽しい配信枠になったと思います。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

ライバーさんの考えを第一に、自分がどんな応援をできるか考えることが大切です。ライバーさんとリスナーさん、両方がそれぞれに頑張ることを共有しながら、ライバーさんが目指す配信枠をみんなで作っていく意識があるといいと思います。


イベント応援で、ファミリーメンバーの負担が大きくなってしまった事を、ライバーが悩んでいた

  • エピソード

ライバーさんが、配信1年半記念として、ずっと目標にしていたイベントに参加しました。リスナーさんも全力で応援してプライズを獲得することができましたが、普段よりも負担が大きくなったリスナーさんが多く、そのことについてライバーさんが悩んでいる様子でした。

そこで、アシスタント会議を行い、ライバーと一緒に話し合いを行いました。メーターでプラスを狙わないような日におしのび配信やご新規さん歓迎配信などを行い、新しい仲間づくりをファミリーみんなで頑張っていこう、という結論になりました。目標ができたことで、配信枠に来てくれた人への挨拶や定期コメントの作成など、ファミリーみんなで盛り上げて応援していこうという雰囲気になっていると感じています。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

今までは受け身で見ているばかりでしたが、ライバーさんやファミリーと一緒に目標を話すことで、また違った形で配信を楽しめるようになりました。


ライバーさんが体調を崩し、これまでやってきた歌配信が出来なくなり、リスナーさんが離れてしまうのではないかと不安を抱えていた

  • エピソード

本気で歌配信をしていたライバーさんが、体調を崩して歌を歌える状況ではなくなってしまったときがありました。ファミリーは「無理しないでちゃんと治そう」「慌てるな」「無理するな」と本気で支えていました。そして、ライバーさんは歌枠から雑談枠にして、リスナーさんとの対話の時間を大切に配信枠を育てるようになりました。

ファミリーも状況を理解していたので、わがままを言わずにサポートしていました。明るく楽しく前向きにというライバーのモットーを信じて、ネガティブに考えないようにしていました。

その結果、ファミリーの結束力はさらに強くなり、配信枠全体がもっと楽しくなりました。ライバーさんも、頑張りすぎなくてもいいんだ、という気持ちになったと思います。ライバーもリスナーも無理をしない、各々の素顔で楽しむのが一番だと再認識できました。


  • 同じ悩みを抱えたライバーさん・リスナーさん・配信枠に向けてメッセージ

悩みや苦しみは必ずあります。1人で抱えずに、仲間と一緒に考えましょう。そして、みんなで一歩ずつ進めましょう。想いが必ず明るい虹をかけてくれるといつも信じています。


まとめ

最後に、これまで紹介した8人のリスナーさんのメッセージをまとめます!

エピソードは以上となります!ご応募いただいた皆さん、ありがとうございました😀

今後もファミリー奮闘記のエピソード募集を実施予定ですので、みなさんのエピソード投稿をお待ちしております📣

募集の際はアプリ内お知らせにお送りします!

記事の感想を「#ファミリー奮闘記」とTwitterでタグづけして教えてください📣運営からもRTします!
下記のリンクからツイートできます♪


おわりに:9月13日にファミリー機能をアップデートします!

これまではファミリー自体が最大3つに分かれていましたが、アップデート後は1つのファミリーに統合され、その中で複数のチャットルーム(レベルに応じて最大20個まで)を作れます。

チャットルーム内でも引用機能・リアクション機能・メンション機能が追加されます。

また、アップデート以降、過去のファミリーチャットが見られなくなるため、必要な情報があれば事前にスクリーンショット・動画保存等の対応をお願いします。

詳細はぜひ、こちらのnoteをご確認ください♪


もっとライバー奮闘記を読みたいと思った方は是非、こちらの記事も読んでみてください♪


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Pococha(ポコチャ)公式
スマホで気軽にライブ配信&視聴ができる「Pococha」の公式アカウントです✨◯Twitter→https://twitter.com/pococha_jp